北海道の片田舎で

仕事の関係で北海道の片田舎に住む事になった内地の人です。こちらでの生活も10年を超え、中古住宅+リノベ工事により、我が家も手に入れました。

新居の引渡し日が決定

予定では6月中に完全に工事が終わり、引渡しが可能と言われていましたが、屋外のガス管工事(新設されたガスのラインから新たにガス管を家に引き込む工事)の日程がなかなか決まらず、引渡し日が確定していませんでした。この工事は掘削工事を含むのですが、ここ北海道の片田舎ではこの時期、冬の間に痛んだ道路の補修工事などで、この種の業者は引っ張りだこ。そのため、なかなか予定を決める事が難しかったようです。


とはいえ、既にリノベーション工事は佳境に入っており、クロス貼りも始まっています。そのため工務店さんもだいぶ急かしたようで、ようやく最終的な引渡し日が決まりました。工務店さんからの連絡では、引渡し日は6月28日。最後の美装工事(クリーニング)が入るのが6月26日ですから、6月27日に工事点検をする…という流れになりました。なんでも、家の内部の工事は6月12-14日頃に終了するようですが、先程のガス管の屋外工事のため、6月26日が美装工事になるそうです。


もっとも、6月12-14日に屋内工事が全て終了した後で、玄関部分の左官工事が入るようですから(職人さん達の出入りが無くなってから行うようです)、実際には少し余裕を持った丁度良い予定になっているのではないかな…と思います。6月28日に引渡しという事は、この日に工事などの残預金の支払いがあるという事ですから、ここから一週間前頃にローンの手続きを行う必要があります。そのため、これらの手続きは6月21日に行う事も決定です。明日から6月ですから、あっという間だな…と改めて感じました。


さて、このように引渡し日は決まった訳ですが、そうなりますと次に決めなくてはいけないのは、引越しの手続きや、これまで購入した家具の搬入日などです。引越し…多少の余裕を見て、7月第二週の週末頃ですかね…。となると、不要な家具の処分は、第二週の金曜日頃…業者の手配をしなくてはいけません。


また今回の新居は、幸いな事に現在の住居から歩いて5分程の位置です。ですから、小物類は自分達で少しずつ運ぶ事も可能…。となりますと、新居の水道・電気・ガスは早めに手続きをした方が良いかもしれません。そのような事を考えますと、これまでに購入した家具類、そしてカーテン類は、引渡し日に纏めて持ってきてもらうという形で良さそうです。


ありがたい事に工務店さんからは、『新しく入れる家具の固定は、引渡し後に一度来て、纏めてやりますよ』と言われているため、家具搬入の日程が決まりましたら、これらの日程についても打ち合わせをする必要があります。


今回、実際の引渡し日が具体的に出てきたことで、いよいよ新居に移るのだな…という心境になりました。これまで住んだあばら家ともお別れですが、考えてみれば、この北海道の片田舎で、未だにバランス釜を使用するこのあばら家でよく耐えたな…と思います(笑)。



にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。