北海道の片田舎で

仕事の関係で北海道の片田舎に住む事になった内地の人です。こちらでの生活も10年を超え、中古住宅+リノベ工事により、我が家も手に入れました。

蝦夷梅雨?

北海道の片田舎に仕事で赴任した頃、職場の同僚達からは『北海道は梅雨がないですから、6月は快適ですよ!』と言われていました。そして実際、当時はほとんど雨の日がなく、6月でも非常に快適な日々が続いていた記憶があります。…ところが、ここ数年と言いますか、最近は北海道でも梅雨のような感じで、日々雨が続く年が多いような気がします。


北海道出身の部下達は、『これは蝦夷梅雨です!』などと言っていますが、私に言わせてみれば『要は、梅雨だろ!』と。気候変動の要因までは分かりませんが、北海度の良さがまた一つ失われた…というのは、北海道人民共和国民からすると、非常に悲しい事でもあります。また…今年はこの時期でも『寒い』のが…。


北海道では、夏でも日が沈むと、10度台まで気温が下がる事が多いため、非常に快適な夜を過ごせるのですが…日中も10度台は流石に…。しかも10度の前半になったり、甚だしくは10度を切る事も…。ここ数日、関西を中心に暑い日々が続いている事を考えると、うらやましくなるような涼しさ…の筈なのですが、ここまで寒いのはちょっと厳しいです。思わずストーブをつけてしまいました(笑)。


ということで、ここ数日嫌な日々が続くな…と思っていましたが、今日は久々にとても喜ばしいイベントが発生。山形出身の同僚からプレゼント。毎年この時期になると貰っているため、今年も貰えるだろうか…とワクワクしていたのですが、今年もやってきました。見事なサクランボが。


こんな感じで、鏡詰めに近い形のサクランボがもらえました。これ…まともに買ったら結構しそうな気が…。


サクランボ、私とても好きなのですが、いかんせん高価なため、スーパーなどで見かけても、購入には二の足を踏む事が多いです。昔、欧州に居た頃は、3~5ユーロ/kgなどという信じられない値段で販売されていたため、kg単位で購入し食べ散らかしていましたが、流石に日本のサクランボでこんな暴挙をした日には、我が家は破産してしまいます。勿論、日本のサクランボは、欧州のチェリーと比べて甘味も強く、高価な事も仕方ないのですが、それでもね…。


今日は久々に、家内と二人でサクランボを堪能する事が出来、少しだけ気分も上々。またしばらく頑張れそうです。


庭にクレマチスの花が咲きました。


裏庭のハスカップも少しだけ実をつけましたが…ジャムが作れる量には、まだ遠そうです。





にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村>


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。