北海道の片田舎で

仕事の関係で北海道の片田舎に住む事になった内地の人です。こちらでの生活も10年を超え、中古住宅+リノベ工事により、我が家も手に入れました。

仁伏温泉で宿泊

9月になると一気に出張で忙しくなってしまうため、このお盆に少しだけ温泉旅館でゆっくりしたいと思いました。とはいえ、お盆の時期は北海道の片田舎と言えども宿泊料金が暴騰するハイシーズン。安く温泉で宿泊するとなると、鄙びた温泉宿に行くしかありません。ということでマイナーな温泉で宿泊…。


今回行ってきましたのは、屈斜路湖畔にある仁伏温泉。この辺りで有名な温泉処といえば、間違いなく川湯温泉です。川湯温泉は草津などと同様に強酸泉。ところが、その川湯温泉から2km程しか離れていない仁伏温泉は、単純泉。場所は近いのですが湯元が異なるため、全く異なる温泉が楽しめます。



とはいえ単純泉となると、それ程珍しくもないため、どうしても川湯温泉と比べて知名度が…。しかし立地条件はそれ程悪くなく、仁伏温泉は文字通り屈斜路湖畔の温泉。場所的にもう少しメジャーになっても良いのでは…と思うわけです。


屈斜路湖畔には、高級ペンションを含めて様々な宿がありますが、勿論今回はそんな高い場所に泊まれません。私達が今回選んだ宿は屈斜路湖荘。名前からして古そうな宿ですが、音根湯温泉で楽しんだ旅館と同様、完全無欠の『昭和の宿』です(ただ古い宿だ!というツッコミは無しです)。



音根湯で宿泊した『昭和の宿』


今回は生憎の天気…そして本州では酷暑にも関わらず、北海道の片田舎は最高気温が15度付近と肌寒い一日。旅館では既にボイラーが炊かれていました(おかしい)。勿論、昭和の宿らしく施設は古いのですが、汚くはなく特に宿泊に問題がある事はありません。また温泉は単純泉だけあって、非常に入りやすいタイプの温泉になっており、ノンビリするには非常に良かったです。


こんな感じの昭和の宿的な入り口


勿論廊下部分も昭和の宿。食堂や自販機の看板なんて今ではなかなか見る事が出来ません。


食事もこの辺りでは普通の食事。羊肉のしゃぶしゃぶは、本州ではあまり見かけませんが、この辺りでは時々見る事が出来ます。煮物なども含めて、値段の割りには良い食事でした。


今回は天候にも問題があり、何もする事なくノンビリな小旅行になりましたが、このような旅行も良い物です。今年の後半は、いろいろと出張も入り忙しくなりそうですが、束の間の休息となりました。




にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村>


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。