北海道の片田舎で

仕事の関係で北海道の片田舎に住む事になった内地の人です。こちらでの生活も10年を超え、中古住宅+リノベ工事により、我が家も手に入れました。

停電と海上自衛隊カレー

先週は台風21号、そして北海道の地震と非常に大変な一週間になりました。特に北海道での地震は全道停電となり(実際には離島は問題なかったようですが)、私の居る北海道の片田舎でも一日以上電気が止まっていたようです。


幸い?な事に私自身は丁度、台風が来る前に本州に出張で出ており、台風による航空機の欠航は回避。そして停電後に北海道に戻ったため、今回は運よく全ての災害を回避する事が出来たわけですが、北海道に残っていた家内は停電を体験しまして、大変な目にあったようです。


家内曰く、「少し前の東北大震災の影響で災害袋など最低限の装備は準備していたため、これにかなり助けられた」ようです。流石にこれほど長期間に及ぶ停電は、あまり体験する事はありませんし、これが冬だったら…と思うと冷や汗が出てきます。ちなみに…災害袋の中身でとても役に立ったのは、電池式ラジオ、電池式電灯など。やはり電池式が一番便利との事です。


また逆にあまり役に立たなかったものは、小型太陽電池。少し陰ってしまうと、すぐに充電できなくなりますし、小型タイプの物では本当に僅かな量しか充電出来なかったそうです。そういう意味では、ポータブルの太陽電池パネル+持ち運び可能なバッテリーの組み合わせで準備した方が良さそう…という結論になりました。やはり小型では駄目なようですね…。これらの装備については、落ち着いたら購入しようと思います。


ちなみに一緒に出張していた同僚は、奥さんからの電話により、急遽電池式ランタンなどを購入していましたが、戻る頃には停電は戻っていたような…。もっとも、これ以降の災害では役に立ちますから、全くの無駄ではないと思います。それにしても、水や食料は準備してありましたので、なんとかなりましたが…こういう事があると電気のありがたさを痛感するのでしょうね…。


停電終了後、物流はまだ完全に復旧していませんが、それ以前に北海道の片田舎に来ていた荷物については、配送が始まりました。そして…真っ先に来た荷物がこれ(笑)。



呉市にふるさと納税をしていましたので、その返礼品でもある『海上自衛隊カレー』(笑)。まさかの震災用物資を補給してもらいましたので、早速家内と一緒に食べる事に。以前、江田島の旧海軍兵学校(現・海自の基地)に行った際にも、カレーを食べてきましたが、やはり海上自衛隊のカレーは美味しい!特に潜水艦のカレーは味に定評があるため期待していました。そして、今回食べた『そうりゅう(蒼龍でなく平仮名なのが…)』のカレーも、非常にコクのある味付けで美味しかったです。他にも『くろしお』と『ぶんご』のカレーが来ているので、こちらも食べるのが楽しみになりました。


こんな感じで、レトルトとしては非常に多くの具が入っていました。




にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村>


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


PVアクセスランキング にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。