北海道の片田舎で

仕事の関係で北海道の片田舎に住む事になった内地の人です。こちらでの生活も10年を超え、中古住宅+リノベ工事により、我が家も手に入れました。

新居引渡しと新規購入家具の搬入

昨日、今回リノベーション工事を行った新居の引渡しがありました。銀行内の手続きも滞りなく終了、当日は玄関ドアの鍵の登録などを行い、無事に引渡しの作業は終了です。最後にエコジョーズなどの説明がありましたが、この部分については少しずつ理解していくしかなさそうです。これにて工事は終了!なのですが、これからここに居住する事になる私達夫婦にとっては、ここからが作業開始です。


既にカーテン類やソファー、更新家電製品の購入は終わっており、昨日と今日にかけて一気に搬入作業が進むように手配していたため、ここからひっきり無しに様々な業者がやってきました。また今度の新居は、現在のあばら家から非常に近いため、少しずつ小物の搬入なども自分達で移動する予定でした。そのため引越し前とはいえ、それなりの時間をこの新居で過ごす事になるので、ある程度便利に時間を過ごすためにも、水道・電気・ガスの契約も引渡し日からスタートです。


水道・電気は問題ないのですが、ガスのみは開栓前にガス漏れ検査は必須。そのため真っ先にガス会社の職員がやってきて、ガスの調査を開始。その後、いつもお願いしている家具屋の担当者がやってきてカーテンの取り付け&ソファーの組み立て。ついでに書斎机の組み立てなども開始。さらに次の業者がやってきて家電の取り付け…など、一時は三つの異なる業者が室内に入り、それぞれの場所で組立作業を開始したため、足の踏み場もない状態になりました。とはいえ、この二日間で大きな新規購入家具の全てが搬入されましたから、なんとなく新しい生活スタイルが見えてきたことも確かです。


それにしても、昨年の10月頃にこの中古住宅を前の持ち主さんから購入した頃と現在の状況を比べると、物凄く変わったな…と思います(リノベーション工事をしたのですから、当たり前ですが)。当初、一階スペースは4つの部屋に分かれていたものが、1つの大きな部屋になった訳ですから、とても広く見えますし、壁が無くなった分、明るくなったな…と改めて感じました。


購入当初の中古住宅は、このようにリビングのドアを開けると、正面に絨毯床のリビング+和室となっていました。


これが工事終了後は一つの部屋になったため、かなり広く感じます。


そして家具が搬入されてこんな感じに…。手前はリビングスペース、そして後ろが書斎スペースになります。計画ではリビングと書斎スペースの間に、狭いパーティションウォールが入る予定です。


引き渡されて今日で二日目ですが、なんだかんだと埃は出ますので、家内が頑張って掃除機をかけていました。…とはいえ、ふと床を見るとこんな物が準備されていまして…楽をする気満々のようです。


台所横の窓に導入したガラス生地のロールスクリーン。水拭きが可能なタイプのため、今後重宝しそうです。またロールスクリーンを下ろしても、かなり明るいため、これについては計画通り。


引越しまであと一週間程ですが、引越しの準備は遅遅として進んでいません。おそらく今週の週末が勝負だと思いますが、本当に大丈夫なのだろうか…と少し心配しています。とりあえず、今週の土曜日と日曜日は、梱包&ゴミ捨てに明け暮れることになりそうです。



にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。