北海道の片田舎で

仕事の関係で北海道の片田舎に住む事になった内地の人です。こちらでの生活も10年を超え、中古住宅+リノベ工事により、我が家も手に入れました。

家に戻ると見知らぬ箱が…

ここ数日、日本全国どこもそうだと思いますが、非常に寒くなっています。勿論ここ北海道の片田舎も例外ではなく、例年に比べて気温が下がっています。朝に家を出ますと、『寒い』…というよりは『痛い』状態でして…間違いなく-15℃を下回っているな…と感じる事も。


そんな寒い中、職場から帰宅し何気なく普段使用していない部屋をのぞきますと、見慣れない箱を発見しました。よくよく見ますとRULOという不穏な文字が見えたため、直に家内を問い詰めた訳です。


「おぃ!これどうしたんや!」


「ん?買った。」


…当たり前だろ。買ったからここにある事くらいは分かるわ!たしかに以前、今度新居に移ったら、一階が一つの大きな部屋になるため、余裕があったらルンバのような物を購入して使いたい…と言っていた事は覚えています。しかしあれは、1.新居に移ったら、2.余裕があったらという条件付であった事も覚えています。


家内曰く


「絶対に後回しにされると思ったから、今買った。」


「これ素敵やろ?」


との事。…たしかにこれの威力はよく知っています。本家のルンバは、結構家具にぶつかる為、双方に物理的ダメージが行きますが、このルーロはセンサーが付いているため、家具などを避けて掃除をしてくれる事。最後は勝手に充電装置まで戻ってくれるため、非常に使い勝手が良い事、そして形状的に部屋の隅まで掃除が可能である事など…とても優れた装置である事は間違いありません。しかし…いかんせん値段が…(笑)。


まぁ、購入してしまった以上は仕方ありませんが…どうしてくれようか…。


とはいえ済んでしまった事をとやかく言っていてもしょうがないですから、まずは中を開けて装置を見てみました。大きさなどは大体想像どおりの大きさ、そして高さも予想通りです。おそらく今度の新居で使用する家具は、ほぼ全て足つきで10cm程空いていますから、この装置は家具の下まで入り込むことは可能…掃除はだいぶ楽になるのではないかな…と思います。内部を見てみますと…ゴミを取り込む袋は想像よりも小さめだな…と思いました。


この感じですと、一度掃除をしたらその都度袋に貯まったゴミを捨てたほうが良さそうです。今のあばら家で一度使用して見ても良いのですが、ある程度広いスペースで使用した方が良さそうなので、この寒波が去りましたら、一度充電だけして新しい家で稼動実験をしてみたいものです。まぁ使用している人間の評判は悪くないようですから、たぶん効果的だとは思うのですが…それにしても家内には困ったものです。



にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。