北海道の片田舎で

仕事の関係で北海道の片田舎に住む事になった内地の人です。こちらでの生活も10年を超え、中古住宅+リノベ工事により、我が家も手に入れました。

彦根城の『ひこにゃん』

毎年この時期恒例の仕事が、京都でありました。北海道の片隅からの移動のため、勿論前泊が必要な訳ですが、この時期の京都で土日の宿泊…金額的に無理です(ビジネスホテルでも、一泊3万円程に…)。昨年は大阪で宿泊していましたが、ここ最近は大阪のホテルも結構高め…。それもあり、今回は彦根周辺で宿泊することになりました。電車移動での時間的には、京都まで1時間程度ですから、大阪とそれ程変わらないにも関わらず、この辺りのホテルは安いのです。


仕事は午後からのため多少の時間の余裕がある、そして京都は、つい先日も仕事で行ったばかりのため、京都以外の場所で時間を潰そうと考えた結果、久しぶりに彦根城に行こうと考えた次第です。そのため、昨日は生憎の雨模様でしたが、彦根城行きを強行しました。彦根城は彦根藩のお城で、今年の大河ドラマでも(いろいろと)話題の、井伊家のお城です。


ちなみに大河ドラマの方はね…。彦根城では折角の機会という事で、大河ドラマにちなんだ展示もしていましたが、ちょっと微妙な展示になっていました。本当に女性であったかどうかも疑わしい人物ですし、ドラマ=史実ではないのは百も承知ですが、それでもね…。どうせなら…ちょっとだけ史実を参考にしたフィクションにして、歴史ファンタジードラマにしてくれれば、それなりに楽しめるのかもしれませんが、それやると怒る人も多いのかもしれません(以前放送された『江』なんて、完全にファンタジードラマでしたが…視聴率悪かったような…)。


さて、彦根城です。ここは我が祖国にある名古屋城などのような平城ではなく、戦争を想定した山城であるため、非常に城郭の作りが凝っており、私の好きな城の一つです。特に本丸に続く廊下橋+天秤櫓の辺りはとても構造が好きですし、勿論国宝でもある天守も素晴らしいです。あとは…玄宮園から見た天守の姿…これも非常に大好きな景色の一つです。生憎の雨でしたが、非常に美しい景色を見る事が出来て、とても満足しました。


廊下橋


天秤櫓


天守(+ひこにゃん)。やっぱり、ひこにゃんが居てこその彦根城


玄宮園から見た天守。雨が降っていなければ、もう少し天守がはっきり見えるような。


天守に行きますと、やっぱり居ました『ひこにゃん』。この種のキャラクターの草分け存在だと思いますが、このユルキャラ具合大好きです。流石に『ひこにゃん』と一緒に写真は撮影しませんでしたが、いたる所にこのキャラがおり、市をあげて普及に力を入れている様子がよく分かりました。北海道の片隅の我が市でも、なにかユルキャラを作れば…って、今更駄目なんですけどね(笑)。


京都での仕事は無事終了。これで今年の京都での仕事は全て終了。これから12月の中旬頃まで出張続きですが、一つ大きな仕事が終わり、少しだけホッとしています。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。