北海道の片田舎で

仕事の関係で北海道の片田舎に住む事になった内地の人です。こちらでの生活も10年を超え、中古住宅+リノベ工事により、我が家も手に入れました。

パネルヒーターの設置とカーテンの購入

予定では明日の月曜日で全ての内部の工事が終了です。そしてこの後、新たに設置されたガス管から建物にガスラインを引き込む工事が待っていますが、いよいよ工事も終了が近づいてきました。今日改めて家を見に行ってみますと、玄関から入った瞬間に大きな違いがある事が分かりました。パネルヒーターが既に設置されていたのです。


パネルヒーターについては、工事が始まった後もその選定で様々なトラブルもありましたが、結局自分で熱量計算をやり直し、選定は自分で行ったいわくつきの代物。それもあって、実際の製品が設置されているのを見て、非常に嬉しい思いです。



パネルヒーターの選定のトラブルを乗り越え、ようやくここまで来ました。


玄関を開けると、正面に大きなパネルヒーターが設置されていました。


ここ北海道の片田舎では、暖房器具をどの方式で行くのかを選択する事は非常に重要です。最近は床下暖房を選択する家庭も多いようですが、我が家はパネルヒーターを選択しています。またパネルヒーターを選択した場合でも、どのようにパネルヒーターを設置するのか(枚数などの選択)という課題もありますが、これについても全ての窓下に設置という、ある意味理想的な方法が取れました。


一部の窓については、パネルヒーターの大きさ的に窓枠のギリギリの高さまで来てしまっていますが、これについてはカーテンの大きさを完全に設定する事で解決する予定です。


この高さのパネルヒーターは問題ありません。


こちらのパネルヒーターは結構ギリギリのため、カーテン側で工夫します。


それもあり、我が家ではパネルヒーターとカーテンの問題はセットだと考えていたため、実際に担当者に現場に来てもらい、カーテンの大きさの寸取りをしてもらっています。実際のカーテンの設置は住宅の引渡し日である6/28ですが、カーテンについては既に購入しました。


カーテンですが、以前記載したように一階部分の窓については完全に新規購入。二階部分は既に使用しているものを一部流用するため、一部のレースカーテンのみの購入。そのため、少しだけ安くなった…筈なのですが、意外と高くついたな…というのが本音です。



使用した金額
カーテン購入代金:210,000円 一階新規購入分
        : 14,940円 二階部分
計       :224,940円


また先日見に来た際は、設置工事中だったエコジョーズも完全に設置が終了しており、これはガス会社のショールームで見た姿と同じ。どうやら内部のガス管及びパネルヒーターやユニットバス、台所へのお湯のラインは完全に工事が終了したようです。


そして最後に建物を出てから驚くことが一点。本来は家に入る際に気付くべきだったのですが、何も考えずに建物に入ったため、気付かなかったようです。それは郵便ポスト。これは家内が非常に気に入っていたポストなのですが、実際に設置してみるとなかなか良さ気な感じです。


おそらく明日一日、細かい工事が残っているのだと思いますが、大方の完成した姿は今日の見学で見る事が出来ました。実際の引渡しは2週間以上先ですが、これで一安心といったところでしょうか。



にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。