北海道の片田舎で

仕事の関係で北海道の片田舎に住む事になった内地の人です。こちらでの生活も10年を超え、中古住宅+リノベ工事により、我が家も手に入れました。

イタズラ狐との遭遇

ここ北海道の片田舎では、夜に歩きますと時々、野生動物と遭遇する事があります。一度は鹿と遭遇した事もありますが、流石に道端を歩いていて鹿と遭遇する事はめずらしく、ほとんどの場合出会うのは、狐もしくはエゾリスになります。


そして今日、職場の帰り道…いつもの道を歩いて帰宅していますと、道の真ん中に小さな塊が二つ…ん?何だ?と思い、ジッと見ますと、特徴的な大きな尻尾が二つ…。しかも、オチビな狐達なのですが、悠然と道のド真ん中を占領中。こいつらは…と思いましたが、尻尾のふさふさ具合に思わず見とれてしまい、しばらく立ち止まって観察。


エキノコックスさえ無ければ、適当にエサでも与えてモフりたい!とは思いましたが、残念ながら野生動物にエサを与えるのはご法度ですし、まして野生の狐を触るなど言語道断。…諦めました(笑)。そうこうしていますと、向こうもこちらに気付いたのか、ジッとこちらを観察。丁度お互いに向き合う形で、臨戦状態となりました。

ここは人間様として、狐ごときに遅れを取る訳にはいきませんから、こちらも堂々と道の真ん中を歩いて近づきます。傍若無人にも道の真ん中を占有していた狐達でしたが、流石に人間様の貫禄に恐れ入ったのか、道の真ん中から(面倒臭そうに)道の片隅に移動。…それにしてもふてぶてしい事に、走って道から逃げるとか…そういった殊勝さの欠片も見受けられない狐達です。挙句の果てには、私が更に近づくと、視線を合わせないようにソッポを向いて、『私達何も悪いことしてないよ!』と言う様な態度。


…こいつらは…と思いましたが、近づきますと狐達が非常に若い狐で、しかも兄弟のような感じで仲良くじゃれあっている事に気付きました。どうやら、まだ人間の怖さをあまり知らないため(流石にこの辺りの住民が、野生の狐にエサを与えることはないでしょうから、餌付けされているとは思えません)、人間が近づいても、警戒はしつつも興味を持って見ていたのかもしれません。


いずれにせよ、狐達が逃げないため、久しぶりに野生の狐の非常に近くを通ることになりました。それにしても…改めて狐達を見ますと、奴等…良さ気な毛皮を着込んでいまして…尻尾だけでもいいから、ちょっとモフモフさせてくれ~!と心から思いました。これは近い内に仙台に出張で行きますから、蔵王の狐村に…はちょっと時間的に無理そうですが、そのうち訪れて思う存分モフりたいですね…(冬限定で)。


ちなみに帰宅して家内にこの話をしますと、家内も夕方頃に同じ狐と見受けられる二匹の若い狐達と遭遇していたようで…どうやらこの辺り一帯で遊んでいる狐達のようです。この様子ですと、また会う事になるかもしれません。



にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。