北海道の片田舎で

仕事の関係で北海道の片田舎に住む事になった内地の人です。こちらでの生活も10年を超え、中古住宅+リノベ工事により、我が家も手に入れました。

家具の大きさ

おそらく今週中にはリノベーション工事の新しい見積もりが出て来そうなので、どれくらいの額になるのか少し不安を抱えつつも、楽しみにしています。そうこう考えていてふと思い出した事があります。…まだ、今度の新居に家具を入れた姿を全く考えていませんでした(笑)。一応、大体のスペースは想定していたのですが、実際に家具を入れた場合にどのような配置になるのか?という事を考えていなかった訳です。


という事で、一階部分の計画案は既に出来上がっていますので、この間取りの中に実際に入れる予定の家具の大きさを書き入れてみて、どのような配置が可能なのか?という事を想像してみる事にします。やはり真っ先に考えなくてはいけないのは、おそらくこの家での生活のほとんどの時間を過ごす事になるであろう、居間スペースと書斎スペースです。


この部分は、計画では横7.2m、縦3.6mのスペースになります。そして右側が書斎スペース、入り口のある左側が居間スペースの予定です。書斎スペースに必要な物は、本棚と机です。まず本棚。予定では天井までの高さの大型本棚を入れる予定で、横幅が120cmの物と60cmの物を組み合わせて3m分の壁を本棚にします。横の部分は大体想像出来ていましたので(60cm余る)、ここは問題ありません。本棚の奥行きですが、購入予定の本棚の奥行きは27.5cmです。思ったよりも薄いな…というのが第一印象でした。


そして次は机の配置です。私と家内の二人で使用予定ですから、机の必要個数は2個。一つの机の大きさは120cm×60cmの一般的サイズ。この年で隣り合って作業…というのは嫌ですから、向かい合うスタイルで真ん中に目隠しのパーティションを配置します。そして、本棚の本を取り出す際に必要な広さ(動線)を一般的な90cmで設定…。これで大体の書斎スペースの配置が終了です。


ここで問題が一つ。書斎スペースと居間スペースを区切るために、ローカウンターの棚を置く予定だったのですが、これの大きさが決まっていませんでした。とりあえず…最大の大きさを設定しておこう…という事で、まずは160cm×60cmの家具を配置。この部分はおそらくもう少し幅の狭い物が入ると思いますが、まずはこんな感じでしょうか。


次は居間スペースです。この部分は当面はテレビ台+ソファーと言ったところでしょうか。ソファーは以前の記事で書いたソファーをとりあえず配置してみて…なのですが、意外と大きい事に気付きました(今更感)。ソファーはオーダーメイドですから、もう少し横を縮めてもらう必要がありそうです。この感じですと…横は237cmから220cm程にすれば大丈夫そうですかね…。


そしてテレビ台の配置が思っていたよりも中央になりそうなため、小さい家具を一つテレビの横に配置出来そうだな…という事に気付きました。おそらくこの部分に、現在使用している小型のガラス棚もしくはワインセラーを置く事になりそうです。いずれにせよ、思っていたよりもすんなり配置が出来そうなため、少しホッとしました。


まだテレビ台やローカウンターの大きさは決まっていませんが、大体置けそうな大きさが分かりましたから、これを基にして配置する家具を決定したいと思います。しかし…一つ一つの家具はそれ程高くないと思うのですが、これ…纏めて買うことになりそうですから、結構かかりそうだな…困ったものです。



にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。