北海道の片田舎で

仕事の関係で北海道の片田舎に住む事になった内地の人です。こちらでの生活も10年を超え、中古住宅+リノベ工事により、我が家も手に入れました。

リノベーション工事開始から1ヶ月経過

先月の4/13からリノベーション工事が開始したため、今日で丁度開始から一ヶ月になります。途中ゴールデンウィーク中は工事も止まっていましたが、それでも最初の頃の工事現場の写真と比較すると、現在の姿はだいぶ完成に近づいたなと感じます。



現在の工事の状況は、天井の石膏ボードが全て貼られ、一部でフローリングを貼る作業が始まっています。この後、建具(室内ドアなど)のための仕切りの設置や、建具そのものの設置、クロス貼りなどが基礎工事として待っていますが、石膏ボードにより室内の大枠の姿が見えてきますと、『だいぶ工事が進んだな…』と思います。


今週はあまり工事現場に行っていなかったのですが、今日の昼頃に工事現場に行きますと、屋根の葺き替え作業もだいぶ進んでおり、一部の屋根の金属サイディングが新しくなっている事に気付きました。今回の工事は一部の窓の工事を除くと、ほとんど内部だけの工事のため、このように外見から変わった(とはいえ、なるべくオリジナルの色合いを崩したくないので、新しく金属サイディングが貼り直されても、気付かない可能性も…)というのは、今回の工事では珍しいような。


工事が進んでいる内部に入って少し驚きました。以前お邪魔した際には、一階部分では天井の石膏ボードを貼りつけるための木枠の基礎を設置している状態でした。しかし今日見ますと、既に完全に天井に石膏ボードが貼りつけられており、なんとなく部屋になった…というのを感じる事が出来ます。


実際には、この後の作業はまだありますが、この状態になると、なんとなく部屋になったな…と思える所が不思議なところです。


また一階の部屋の半分程には既にフローリングが貼られており、その部分は養生用のシートがかけられていました。少し養生用シートの中を見せてもらいましたが、当たり前の事ながら、基礎部分だけの状態とフローリングが張られた状態は違うな…と(笑)。


そして今日の工事では、玄関部分の工事も少し進んでいました。私達夫婦が訪れた時は、丁度玄関部分の框(かまち)(玄関部分の一番端に設置される木材)を設置しており、式台の部分も新しくなっていました。最初に見た時はあまり感じなかったのですが、家に戻り工事前のこの部分の写真と比べると、だいぶ違う事が判明。工事前は玄関は絨毯床のため、この式台も和風に近い雰囲気でした(一枚板)。しかし今度の玄関はフローリングになるため、この式台もフローリングになり、少し洋風になっていました。ちょっとした部分でも、意外と雰囲気が変わるものですね。


しばらくしますと、この玄関部分にも少しフローリングを貼る作業が始まりました。その際に写真を取らせてもらったのですが、以前の絨毯床と比べてだいぶ明るい感じになったな…と思いました。


一ヶ月前の工事開始前、この工事でどのような形になるのか…少し不安も感じながらの出発になりましたが、現在の工事現場を見る限り、私達夫婦が考えていたのとほぼ同じ雰囲気になっており、今回のリノベーション工事を実施して本当に良かったと今は考えています。




にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。