北海道の片田舎で

仕事の関係で北海道の片田舎に住む事になった内地の人です。こちらでの生活も10年を超え、中古住宅+リノベ工事により、我が家も手に入れました。

不用品の処分

先日の突然のトラブルも無事解決し、工事開始の日程、そして中間金の件についても話がまとまりました。工務店さんが実際にリノベーション工事に入るのは、明後日の木曜日からと決まり、まずは不用品などの処分作業から始まるそうです。新築の場合は、基礎工事にかなりの時間が必要となりますが、リノベーション工事の場合はこの作業はほとんどありません。


しかし基礎工事が必要ない分、リノベーション工事前に不要な物を全て処分しなくてはいけません。例えば今回の工事であれば、水周り関係は全て新品を入れますから、これらの処分が必要です。また、現在設置されている灯油ボイラーなども処分しなくてはいけませんし、ガス管や水道管も新しくするため、場合によっては古い管の処分も必要です。


そしてこれらの作業が終わりますと、次は壁を剥がしたり床を剥がす作業などが待っており、かなりの量の廃棄物が出るのだろうな…と考えています。しかし、新居でもそのまま使用する物品もあるため、これらの物品については予め工務店さんと相談をしておかなくてはいけません。今回の工事では、契約上は私と不動産会社が契約、そして不動産会社が工務店を使うという形にしています(工務店との直接のトラブルを避けるため、一つバッファーを挟んでいます)。そのため残す品物については、不動産屋の担当者に文書の形で渡すことにしました。


まずは現在の階段に設置されている手摺。これは前の持ち主さんが設置していた物で、私達夫婦としても残した方が、後々良さそうだなと考えていた品物です。また、前の持ち主さんが残しておいてくれた物干し竿もそのまま使おうと思っていますから、これも残してもらわなくてはいけません。


このような感じで階段に手摺りがきちんとついているため、これは流用する予定です。


また中間金の話を進めていく中で、工事の予定などについてもだいぶ見えてきました。工務店さんからは、水周りの物品を入れる際の料金を中間金として入れて欲しいとの要望が来ました。そしてその支払いは、5/10頃を考えて欲しいとも言われています。水周り関係の物品(システムキッチン+ユニットバス+トイレ)の納品が次の週の始め頃のようですから、それまでにはそれらの物品が配置可能な状態になっている…つまり間取り変更などの工事が終わっている予定のようです。明後日からの工事開始ですから、あっという間に進んでいくな…という印象を持ちました。


工務店さんからは、いつでも見学に来てもらって構わないとも言われていますので、職場も近いことですし、時々様子を見に行こうと考えています。



にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。