北海道の片田舎で

仕事の関係で北海道の片田舎に住む事になった内地の人です。こちらでの生活も10年を超え、中古住宅+リノベ工事により、我が家も手に入れました。

これってどんな窓??

工務店さんから最初に提示された見積書、改めて見ていきますと普段あまり目にしてこなかった単語が出ていました。それは断熱サッシの項目の部分で、窓の種類について記載されていた部分です。


FIX窓、すべり出し窓…う~ん…な感じです。普段あまり気にしていない言葉であるため、正直始めは???な状態でした(笑)。とはいえ、見積書に記載されているという事は実際に計画されている形の窓であるため、まずは調べてみる事にしました。


FIX窓…これは開ける事が出来ない窓の事ですね。そしてFIX付き縦すべり出し窓…これは開閉出来ない窓+扉のように外に開く事が出来る窓…という事のようです。そして横すべり出しというのが、上下方向に外に開く窓…。縦と横が自分のイメージとは逆なのですが、一応このような意味になっているようです。


ちなみに…現在居住している我があばら屋は…FIX窓?すべり出し窓??…そんなお洒落な窓はついておらず、全て昔ながらの引き違い窓です(笑)。今回のリノベーションですが、二階部分の三重サッシは残す方向ですから、二階部分は昔ながらの引き違い窓になる予定ですが、一階部分は全面的に取り替え…おそらく、今回の見積もり書に出てきたような、FIX付き縦すべり出し…横すべり出し…になりそうです。


そして問題になっているのが、一階の居間部分の大型の引き違い窓の部分です。工務店さんからの話では、おそらくこの開口部の断熱をどのようにするかが、今回のリノベーションで一番問題になると思います…と言われている箇所です。この部分は現在の状態で二重サッシの単版ガラスの引き違い窓。売主さんの話では、庭への出入りを考えて、この部分だけは三重サッシにしていないとも聞いていました。


この部分をそのままにして、断熱仕様のミラーレースカーテンや、断熱遮光カーテンの二重カーテンで対応するという手は勿論ありますが、やはりこのあまりにも大きすぎる開口部だけはなんとかしておきたい…と私達夫婦も考えていました。とはいえ、夏場は外で洗濯物を干したいですから、庭への出入りが可能な形はなんとか残したい…という想いもありまして…。


工務店さんからの回答は開口部を少し小さくして、通常の大きさのFIX付き縦すべり出し窓、そして小型のテラス窓(床から立ち上がっている窓で出入り出来るタイプ)を入れてみては…というものでした。このタイプに変更してしまえば、FIX+縦すべり出し窓の下の部分にセントラルヒーティングのパネルヒーターを設置してしまえば、かなりの効果が期待出来そうです。ですからこの部分については、最初の計画と変更なし…になりそうです。


またカーテンにするのか、ブラインドにするのか…この部分もかなり迷うところです。居間スペースについては、断熱仕様のミラーレースカーテン+断熱と遮光効果のあるカーテンの二重カーテンを使用する予定ですが、台所の側や廊下部分のようにカーテンの使用に適さない場所は…ブラインドになると思います。


以前、一条工務店のオープンハウスにお邪魔した際、ダブルハニカム式のブラインドを見せてもらっており、このタイプですとブラインドでもかなりの断熱効果が期待出来ると聞いていましたから、これらの窓にはハニカム式のブラインドで対応する事になりそうです。


北海道の片田舎…本日は最低気温が既に-10℃近くを記録していまして…やはりこのような断熱についてはしっかり考えなくてはいけないな…と身に染みて感じる今日この頃です。




にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。