北海道の片田舎で

仕事の関係で北海道の片田舎に住む事になった内地の人です。こちらでの生活も10年を超え、中古住宅+リノベ工事により、我が家も手に入れました。

購入した中古住宅の二階部分

予算の問題で、二階部分の間取り変更は取り止めになってしまいましたが、夫婦二人で生活していく事を考えると、この部分は妥協出来る部分かな…と思います。私達が購入した中古住宅の二階部分は、六畳間が二つ。一つが和室で、一つが洋室です。そしてそれぞれの部屋に対して小型の押入れが付いていますので、おそらく約30年前の典型的な間取りだったのだと思います。


当初の計画ではこの押入れ部分を完全に取り払い、一つの部屋+ウォークインクローゼットを三畳分作る…という形でした。そしてこの間取り変更に伴い、サッシの位置なども全面変更だったのですが、第一弾の見積書の段階で予算オーバーとなったため、この部分は放棄する形になった訳です。


ということで、現在の二部屋をそのまま残す形になる訳ですが、これはこれで問題なさそうだな…と思いました。


一つ目の部屋は奥にある洋室です。ただし絨毯床になっているため、この部分はフローリングに変更、そして壁と天井のクロスは取替えです。窓の部分については、最内側をプラメイクに変更。この部屋については、実際はウォークインクローゼットのような形 or 洗濯部屋になる予定ですから、これで十分です。(押入れはクローゼットに変更)


そして二つ目の手前の和室。この部分が夫婦の寝室になると思いますが(ぎりぎりベッド二つ大丈夫そうです。)、この部分も畳をフローリングに変更。先程の洋室と同じでクロスの全面張替え、サッシ部分の変更そして押入れからクローゼットへの変更になります。


現在の押入れは、このような感じで少し小型ではありますが、奥行きはかなりありますし(畳の横分)、高さも天井まであるため、間口だけを高くしてもらい、クローゼット化する事でかなりの収納が望めそうです。当初の予定のウォークインクローゼットは三畳分を考えていたため、今回の間取り変更なしですとクローゼットは畳1.5枚分。半分の面積にはなりますが、今持っている衣類などの量を考えますと、これで十分な気も…。


あとはクローゼット内の収納の配置の整理で、ある程度問題は解決出来そうです。また結果的とはいえ、寝室スペースが小さくなっていますから、かなりコンパクトな形になりそうだな…とは思いますが、考えてみればこの大きさ…現在住んでいるボロ屋の寝室と全く同じ広さだったりします(笑)。ということは…夫婦二人で話し合ったのですが、「何も問題ないじゃん」という事になりまして…結果的にリフォーム予算の減額が期待出来そうです。


最後に階段なのですが…このタイプの階段、私こちらに来て初めて見ました。工務店さんが言うには、これにカーペットを張る事で階段としてそのまま使える…という事らしいので、この部分は工務店さんの当初の計画どおり、カーペットを張ってもらう形で対応しようと思います。なんでも…フローリングの階段にするとなると、階段自体を取り替える事になるそうで…これは結構大変な工事になってしまいそうですから、今回は止めた方が良さそうです。


以上で、今回購入した中古住宅の一階部分と二階部分という事になりましたが…実際に夫婦で中に入った感想としては、夫婦二人で十分な広さ(おそらく、子供が一人居ても十分な広さ)だな…と思いましたし、築年数以上に綺麗な住宅だったな…と感じました。実際に住むのはまだ先になりそうですが、今からとても楽しみにしています。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。