北海道の片田舎で

仕事の関係で北海道の片田舎に住む事になった内地の人です。こちらでの生活も10年を超え、中古住宅+リノベ工事により、我が家も手に入れました。

北海道の片田舎

今日も私が住んでいる北海道の片田舎は晴天。そして気温も15度前後という事で非常に過ごしやすい日々が続いています。平日は職人さん達がリノベーションの工事現場で働いているため、なかなかゆっくり建築現場を見る事が出来ないですから、毎週日曜日にゆっくり現場を見させてもらっています。流石に昨日の今日ですから、それ程大きな変化はないだろう…と思い工事現場に行ったのですが、フローリングの敷き詰め工事がだいぶ進んでいました。玄関部分そして一階部分の半分は既にフローリングが入っており、残りは一階の奥部分と二階部分といったところでしょうか。


こんな感じで一階の半分にフローリングの床材が入りました(養生用シートが上からかかっています)。


私がこの中古住宅を購入する切欠の一つになったのが、お庭の美しさ。以前紹介した庭の一角にある高山植物の園も好きなのですが、温かくなってきた最近ですと、いよいよ大物も花が咲き始めました。


先日はまだ蕾状態だったシャクナゲの花が、だいぶ咲いていました。


芝桜もかなり咲いており、庭の一角は完全に芝桜で覆われています。私が購入した家に付いてきた庭では、白・ピンク・紅の三種類の芝桜を見る事が出来ます。


将来的には少し庭を潰して、擁壁工事をやり直すことで駐車場スペースを広げる予定ですが、それまでは受け継いだ庭を楽しみたいところです。


さて、今日は暑過ぎず寒過ぎずといった非常に良い気温だったため、久しぶりに購入した住宅の周辺を散歩する事にしました。私が居る北海道の片田舎では、住宅地から10分も歩けば、『まさに北海道!』という風景が広がっており、この雄大な風景を気軽に楽しめる事は、北海道の片田舎に住む人間にとって数少ない良い所でもあります。


私自身は、もう北海道に移り住みかなり長くなりますし、以前は同じようなポジションで本州に戻る事も考えていた時期もありました(もっとも家を購入した今でも、完全には戻る事を捨てていないのですが…)。とはいえ、こういう風景を気軽に楽しめるというのは、結構な利点でもありまして、最近はこういう人間らしい生活も悪くない…と思う事が出来るようにもなりました(職場の中は本州時間のため、あまり北海道時間を楽しむ事が出来ないのですが…)。


色々と田舎暮らしにはデメリットもありますし、実際に北海道で居住していますと『おぃおぃ…』な事も少なくありませんから、個人的には、『若い人』が都会での仕事を捨てて北海道へ移住する事は、全くお勧め出来ません。とはいえ、都会生活では都会生活の大変さもありますから、結局のところ、どこで居住しても苦労する事は変わりません。結局のところ、『何で』苦労するのか…の選択だけなのかもしれないな…と思えるようになったからこそ、今回北海道の片田舎で家を購入する…と決断出来た気がします。


右に写っている二つの住宅は廃墟です。もう少し忙しくない仕事でしたら、このような少し住宅地から離れた廃墟を買いとって(周りの土地も含めて)、『ナチュラル系?住宅+自家菜園畑』を自分達の手で作る…というのも悪くないのですが、流石に今の仕事では…。


いずれにせよ、今回の中古住宅購入+リノベーション工事により、この北海道の片田舎でしばらく居住することは間違いないので、ここでの仕事が終わるまでは北海道の生活が楽しめたらな…と思っています。





にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。