北海道の片田舎で

仕事の関係で北海道の片田舎に住む事になった内地の人です。こちらでの生活も10年を超え、中古住宅+リノベ工事により、我が家も手に入れました。

前の持ち主さんの訪問

昨年の11月頃、現在工事中の家を前の持ち主さんから購入して約半年が経過しました。前の持ち主さんからは、GW頃にこちらに伺いますと当時言われていたので、そろそろかな…と思っていますと、昨日電話がかかってきました。『丁度、息子夫婦を訪ねてこちらに来ているので、良かったらお会いしませんか』との事でしたから、折角なので工事中の家を見てもらおうと思い快諾。


今日の午前中に前の持ち主さん夫妻と工事中の家の前で待ち合わせたわけですが、外見が少し変わっていた所にはすぐに気付いたようです(一番大きな窓サッシをテラス窓+普通の窓に交換)。お会いして直に『窓が変わっただけでも、少し雰囲気が変わるのですね』と言われました。私達夫婦は、あまり外見は変わっていないかな…と思っていたのですが、やはり30年近く住んでいた前の持ち主さんにしてみると、変化は直に分かるようです。


そして中に入ってもらって再びビックリされたようです。以前、引越しの前に何度かお会いした際に、今回のリノベーションの計画を少し話していましたから、一階部分が一部屋になる事は知っていたと思いますが、それでも実際に目の当たりにして驚いたようで『こんなに広かったのね…』と言っていました。


以前の家では間取り毎に垂れ壁がついていましたが、今回の工事でそれらを全て取り去っていますから、空間としてはかなり広く感じたようです。またお風呂の部分も、以前は0.75坪だったのが今回1坪に変更しましたので、この部分も驚いていましたし、新たに梁を入れる事で柱なども一部取除いていますから、前の持ち主さんからすると、住んでいた頃の記憶とだいぶ異なって見えたようです。


前の家の内部と工事中の現在の状態。前の家にあった垂れ壁がなくなっているため、視覚的に広く感じるようです。(現在の姿でも腰壁があるので、一応仕切りのようには見えると思うのですが、上の空間が空くとだいぶ違うようです。)


また私達夫婦としては、今回前の持ち主さんが訪れてくれた事は非常にありがたかった訳でして…。雪が溶けた後、様々な植物が生えてきていました。ところが私達夫婦は植物の種類は分かりませんし、一部の木についてもチンプンカンプン…最悪木を引っこ抜くか…と考えていたのですが、それらの問題が全て解決(笑)。


私も全然知らなかったのですが、家の裏庭には、ラズベリーの木、ハスカップの木、グミの木がある事が判明。また、家の横の畑から急に顔を出していた植物は、ルバーブである事も判明。どうやら、しばらくジャムは買わなくても済みそうです。ついでに家の前の庭の高山植物の位置も改めて確認出来ましたし、非常に良かったです。


ここ数日暖かくなったため、急に出て来たルバーブ。茎を使ってジャムにします。


豆粒大の花が綺麗なミネズオウ。一応、高山植物です。


前の持ち主さんは、まだ息子さん夫婦がこちらに住んでいるため、おそらくこれからも時々訪れる事になるかと思いますが、これも何かの縁でしょうし、この縁は大事にしたいなと改めて思いました。



にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。