北海道の片田舎で

仕事の関係で北海道の片田舎に住む事になった内地の人です。こちらでの生活も10年を超え、中古住宅+リノベ工事により、我が家も手に入れました。

断熱材の追加と再びトラブル?

後述しますが、今日の昼休みに工務店さんに確認することがあり、工事現場にお邪魔することになりました。行ってみると、既に一階のキッチンスペースについては床工事がかなり進行しており、その場で工務店さんから『床下に追加の断熱材を入れました』との説明を受けました。なんでもこの当時建てられた建物の多くは、床下にグラスウールを10 cm入れる工法が標準だったそうですが、現在は更に5 cm追加する事が多いそうで、床の高さを全体的に揃える際にどうせ床材を全て一度剥がして、床の枠組みも弄るのであれば…ということで、追加で5 cm分入れることになったようです。


解体当初は写真の左側のように10 cmの黄色いグラスウールが入っており、その上に少し浮くような感じで床材が組まれていました。しかし今回のリノベーション工事で、この浮いている部分内部にもグラスウールを入れることになり、最終的に現在の住宅とあまり変わらない断熱材15 cmを確保(追加分は赤いグラスウールの部分です)。


また以前問い合わせのあった、玄関ドアの件も解決、さらに床材の色の最終決定や建具関係の色についても解決…までは良かったのですが、実は昨日のメールでの連絡でとんでもない事が判明しており、今回の急な打ち合わせは、それに対してのものでした。まぁ、リノベーション工事では、色々な問題が発生する事は当たり前なのですが、今回の問題は少し毛色が違っておりまして…。それは導入するパネルヒーターに関するものでした。


パネルヒーターについては、何度かこのブログでも書きましたように、当初の予定からパネルを二枚追加する形で最終決定をしていました。また工務店さんも、この部分については専門の業者に任せていた筈なのですが、ここで大きな落とし穴が。私も工務店さんも、最初に業者が選定した器具に、新たに追加のパネルを入れる…と考えていました。


といいますのは、業者が最初に提示した選定書にて行っていた最大負荷計算は熱損失係数(一般的にはQ値と呼ばれているものです)を1.6で計算していました。この値は現在の省エネ基準(平成11年基準)には該当しますので、新築の場合であればこれで問題ありません。しかし今回の私の住宅はかなり古い中古住宅。この建物が建設された当時に有効だったのは、旧省エネ基準ですから、北海道の場合はQ = 2.8です。流石に今回のリノベーション工事で、窓サッシや玄関ドアは現在の物に切り替えていますし、床にも追加の断熱材は入りましたが、それでも平成4年改定の基準であるQ = 1.8にも届かないだろうな…と考えていました。ですから、最初に業者が選定してきたQ = 1.6の想定に追加パネル二枚が現実的だろう…と考えていたわけです(この時点では、面倒なので自分で負荷計算はしていません)。


ところが…工務店さんが、そろそろ発注を考えて改めて選定書を依頼して、その結果出てきた代物は…パネル10枚を使用して改めてQ = 1.6で計算した選定書(笑)。しかも、最初の見積書の金額に比べて大幅に安くなっている(つまり機器が小型化している)…。先日、その選定書を工務店さんから渡されて、アッとびっくりです。


このような状態でしたから、流石にこの業者に任せたら大変な事になる…と考え、最大負荷の計算は自分でやることに(この種の熱計算は、計算しやすいように単位合わせが既にされているため、実は慣れてしまえば簡単)。とりあえず、計算しなくてはいけない数値は、実際の熱損失係数に対応する単位面積辺りの最大負荷の計算です。


今回の想定
Q = 2.0 (安全率 一階部分:20 %、二階部分:10 %)
この想定で、一階部分はQ = 2.4、二階部分はQ = 2.2でも対応可能
外気温度:-16.6 ℃、室内温度:22.0 ℃ (これは最初の選定書で使用されていた値)


ここで、最大負荷計算(つまり、外気-16.6℃、室内22℃で保つために、どの程度の発熱量が必要か?)をするためには、次の式を使います。


必要容量 (W) = 熱損失係数 (W/[m2・K]) × 床面積 (m2) × 室内と外気の温度差 (K)× 安全率


ただし、今回まず求めなくてはいけない値は、単位面積辺りの容量ですから、


単位面積辺りの容量 (W/m2) = 熱損失係数 (W/[m2・K]) × 室内と外気の温度差 (K) × 安全率


でOKです。これを計算していきますと…


1階部分
2.0 (W/[m2・K]) × 38.6 (K) × 1.2 = 約92.7 W/m2


二階部分
2.0 (W/[m2・K])× 38.6 (K) ×1.1 = 約84.9 W/m2


後は、それぞれの場所に設置するパネルの能力値を、ここで計算した単位面積辺りの容量に設置する場所の面積をかけてやれば決めることが出来ます(この際、パネルヒーターの性能は、きちんと補正値を使用する必要があります)。という事で…昨晩計算を終えて、その結果を今日の打ち合わせの際に工務店さんに渡しました。


ここで大笑いな出来事が判明。この件、工務店さんも焦っていたのですが、焦っていた箇所が私と工務店さんと異なっていた訳でして…。工務店さんとしては、見積書と大幅に異なる(大幅に安くなっている)選定書が来た事に焦り、私は選定書に書かれていた機器の能力に焦り…という事が分かり、お互いに大笑いな話となりました。まぁ…業者さんには、もう少ししっかりしてもらいたいね…という事で、今回のトラブルも無事に解決して良かったです。





にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。