北海道の片田舎で

仕事の関係で北海道の片田舎に住む事になった内地の人です。こちらでの生活も10年を超え、中古住宅+リノベ工事により、我が家も手に入れました。

束の間の休暇

今年の春は、家内の親と会うために京都で休暇。とはいえ、京都に居たのは一日のみ。実際は関東の方で遊んでいたわけですが、あっという間の休暇となりました。今日から再び仕事に復帰です。日付はいつのまにか三月も終わり。予定では四月に入ったら工事開始ですから、そろそろ工務店さんの方も準備を始めているのだと思います。


それにしても、折角氷の世界である北海道の片田舎から脱北した筈が、本州も季節外れの寒波…勘弁してください。とはいえ、この寒さがあったが故に、京都では美味しく湯豆腐を食べることが出来ましたし、遊び先の茨城の大洗では最後のあんこう鍋を楽しめた訳で、良かったのか悪かったのか。残念ながら、桜には少し早かったようですが(京都では少し見ることが出来ました)、梅の花は見ることが出来ましたし、まぁ良かったのだろうと思います。


三十三間堂の桜は綺麗でした。


茨城の弘道館の梅


夜のお茶屋街(ここは祇園ではありませんが、非常に落ち着いた雰囲気で好きです。)


湯豆腐は家でも時々夕食として出てきますが、何故か知りませんが外で食べた方が美味しい不思議な料理です。京都のタクシーの運転手さんが言うには、豆腐の良し悪しよりも、温度が効くようですよ…とのこと。やはり豆腐だけを鍋に入れるため(家庭では、最終的に他の野菜なども入れますが)、豆腐に最適な温度に出来る…というのが良いらしいです。とはいえ、こればかりは家でやる訳には行きませんし(やっても良いのですが、豆腐だけの夕食は味気ないですし、家内が他のおかずをわざわざ作るとは思えない訳で…)、外で食べる醍醐味なのかもしれません。


やっぱり豆腐だけの湯豆腐は格別。


また、あんこう鍋。これ私はかなり大好きな鍋です。とはいえ流石は本場、大洗のあんこう鍋は味付けが非常に良かったです。私が普段食べるあんこう鍋は、少し薄味の物が多かったのですが、ここのあんこう鍋はかなり濃い目&ゆずが効いている…ということで、濃厚な味なのですが、あっさり食べる事が出来ました。あんこうは肝が美味しい事で有名ですが、やはり鍋の時は皮やその周辺の歯ごたえが堪らない訳でして、私も家内も大満足の休暇となりました(私としては、某戦車アニメの聖地も楽しめましたし…)。


本場のあんこう鍋


某アニメの聖地だけあって、未だにこんな感じ。


そして再び北海道の片田舎に戻ってきた今日…また雪…もう勘弁してください(笑)。流石にこの時期の雪は直ぐに溶けるのですが、これ以上工事が遅れるのは、勘弁して欲しいです。とはいえ契約書の日程もありますから、おそらく来週頃に工事開始かな…と思っていますが、どうなりますかね…。



にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。