北海道の片田舎で

仕事の関係で北海道の片田舎に住む事になった内地の人です。こちらでの生活も10年を超え、中古住宅+リノベ工事により、我が家も手に入れました。

ゆ…雪のせいで…

ここしばらく、少しだけ暖かくなっていた北海道の片田舎ですが、何の因果か再び厳寒期に逆戻り。明日の最低気温は零下15度近くまで下がるようで…本当に困ったものです。そして、その結果どうなったのか…と言いますと、未だに寒い→雪が溶けにくい→道路の歩道周辺に分厚い雪の壁が未だに残留→車両が停車出来ない→工事開始の延長(笑)。


ということで、当初の予定では三月の中旬には工事が開始していた筈なのですが、目出度く四月に延期です。まぁ、こればかりは自然が相手ですし、実際に工事車両が停車出来るスペースが…となりますと、現実的に厳しいですから、致し方ありません。また、契約は既に結んでいるため、工事終了のデッドラインは決まっていますから、これが問題になるという事はなさそうです。


そして、四月まで工事開始が延長というのは、ある意味良かった部分もあるわけです。といいますのは、ここしばらく私の仕事も非常に忙しいため、工事が始まっていたとしても、ほとんど現場を見に行く事が出来ない&来週から家内の親に会う為、本州にしばらく戻る…というイベントもありまして…。そのため、ある程度落ち着く四月開始は良かったのかもしれません。


ただ問題がない訳でもありません。現在、私が居住しているボロ屋では、灯油ストーブを使用しているため、灯油を宅配してもらっています。そして本来であればこの時期、少しずつ暖かくなっている筈ですから、灯油の消費量が抑えられる…筈だったのです。また来年度からは、灯油を使用しない生活(ガスボイラー)が待っているため、あまり余分な灯油を購入する訳にはいかないですから、灯油の備蓄量をコントロールする予定でした。


…しかし、ここしばらくの連日の寒さ…灯油の消費量は当然増えるわけでして…当初の予定は全て崩れ去ったわけです(笑)。流石に三月の下旬ともなれば寒さはだいぶ和らぐと思いますが、今の寒さを耐えるためには灯油は必要…。そのため、多少余る事を覚悟で灯油の補給をする事に。まぁ、新居に移った後も、一応停電対策に小型の灯油ストーブを一つ持っていく予定ですから、多少余ったとしても問題はないと思いますが…困ったものです。


それにしても…北海道に移ってから、既に十年以上が経過しますが、未だにこの時期だけは慣れないですね…。本州ではそろそろ桜の時期の筈が、ここでは未だにモノトーンの世界。来週は本州に戻るため、おそらく桜を見る事が出来ますが、ここ北海道の片田舎で桜を見るのは(そもそもソメイヨシノではないですが)、まだ当分先になりそうです。




にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。