北海道の片田舎で

仕事の関係で北海道の片田舎に住む事になった内地の人です。こちらでの生活も10年を超え、中古住宅+リノベ工事により、我が家も手に入れました。

仕事始め

今年は曜日の巡り合わせが悪く、今日から仕事開始です。貧乏暇無しとはよく言ったもので、こればかりは勤め人である以上仕方ありません。もっとも今日の仕事のほとんどは、急ぎの案件に関するメールのやりとりでして、それ程大変な業務?という訳でもなく、丁度良い始動となりました。


そんな新年明けの今日なのですが、家に帰宅して『やっぱりこれだよ…』な出来事が待っていました。これまで正月三が日でお節料理も食べ尽くし、お雑煮やうま煮の味にも飽きていますので、毎年の恒例『カレー始め』です。我が家の正月の食事は、次のような決まりがあります。


1. 正月の夜はすき焼
2. 1/4の夜はカレー
3. 1/7の夜は七草粥


まぁ、1番と3番はよくあるルールなのですが、2番は…(笑)。我が家では、お節料理は家内が作っているため量の調整が容易ですから、1/3までに確実に食べきれる量にしています。しかしそれでも三日間お節料理を食べ続けていますと、なんとなくスパイシーな物が食べたくなり…結果的に毎年1/4にカレーを食べることになっています。


昔、仕事でインドに行った際、日本で言うカレー料理を食べた事があります。あれはあれで向こうの気候にあった良い料理だな…とは思いますが(通常の日本のカレーより塩味が強い)、それでも日本のカレーは格別です。日本に来るインド人に食べさせても、多くの場合気に入ってくれる日本風カレー、もうこれは日本食と言っても良いわけで(実際に、日本風カレーを食べたインド人の多くは、『これはうちの国のカレーではないね…』と言いますし)…正月近くに食べても問題なし!な気分です。


我が屋のカレー、時々(本当に時々ですが)私自身が作るときは、カレー粉を使わず、トマトの水煮とスパイスを調合して作ります。こうしますと酸味があり、少し塩味が強いインド風カレーを食べる事が出来ますが、こういう時に食べたいカレーは、ガチガチの日本風カレー!偉大なる発明品カレールーを使って作るカレー。あのスパイシーなカレーの香りと、舌の上で弾ける様な辛さ…もう堪りません。


ということで、今日は正月休みでだらけきった体で仕事をしたため疲れていましたが、カレーを食べて元気を取り戻しました(笑)。やはり人間、美味しい物を食べると元気が出てきますね。いよいよ今年も本格的に始動しますが、元気に頑張っていきたいと思います。


今年は念願の我が家も出来ますし、それに伴いしばらく借金生活になる訳ですから…これまで以上に元気に楽しく仕事をしていきたいと思います。



にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。