北海道の片田舎で

仕事の関係で北海道の片田舎に住む事になった内地の人です。こちらでの生活も10年を超え、中古住宅+リノベ工事により、我が家も手に入れました。

工務店さんとの打ち合わせ(第三回)

昨日書いたとおり、今日三度目の工務店さんとの打ち合わせがありました。とはいいましても、ある程度大枠は決まっていますから、それ程大きな案件はなく、細かい修正や見積書の不明な部分の説明のみとなり、かなり着地点が決まってきた感がありました。


今回相談した箇所として、コンセントの位置の修正などがあります。これまでキッチンスペースの作業エリアに電源を全く配置していない設計だったのですが、考えてみるとこれは少し駄目でした。作業スペースでミキサーなどの使用を考えれば、やはりあった方が良いな…と考え、この部分は追加です。


その他ネット回線関係についても、少し修正がありました。これまでの見積もりでは、壁埋め込み型のルーターなどが入っていました。たしかに壁に埋め込み式のため、非常にシンプルですっきりしているのですが、これらの装置はどちらかというと消耗品ですし、これからもネット回線は色々と進化していくと思います。となりますと、壁埋め込み型ではなく、自分達で普通に変更可能な設置形にしておき、あくまでも装置の先のLAN回線だけを敷設してもらった方が良いな…と思い、この部分も変更です。


先日の記事で書きましたサッシについても相談をしています。今回出て来た見積書ですが、前回の工務店さとの相談を受けて、三重サッシの一番内側のサッシのみをプラメイクに変更という形をとっています。ところが、見積書に見えている部分の費用は、前回のサッシと比べて多少の減額にしかなっていません。この理由は実は非常に単純でした。前回は外壁工事も入っているため、これらのサッシを交換する部分だけで良いのですが、外壁工事を取りやめた場合、サッシを完全に交換すると、その部分の外壁工事も入ってくるため、割高になってしまう…という事のようです。


たしかに、一階居間部分の一番大きなサッシについては、テラス窓と通常窓に交換するため、この部分の外壁工事は計上されていました。見積書の増減だけではよく分からなかった部分ですが、たしかに説明を受けると納得です。したがってこの部分については、今回の見積もりで出してもらったプラメイクの施工に決定です。


今回出してもらっている金額はあくまでも見積もり。実際の工事が始まれば、ある程度の追加は必要になると思いますが、それでも大まかな金額が出てきたことは大きいな…と思いました。工務店さん曰く、「ひょっとしたら断熱部分で追加の可能性が出てくるかもしれませんが、それ程大きな変更はないと思います。」とのこと。たしかに、実際に壁や天井を剥がさなくては分からない部分もあるでしょうから、こればかりはリノベーションの宿命です。願わくば、予算として設定した住宅購入も含めて2000万以内で済ませたいところです。



にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。