北海道の片田舎で

仕事の関係で北海道の片田舎に住む事になった内地の人です。こちらでの生活も10年を超え、中古住宅+リノベ工事により、我が家も手に入れました。

気分は黄昏荘園

今回は駄目リーマンのお気楽日記です。


私がまだ学生だった頃、銀河英雄伝説を書いた田中芳樹が書いたライトノベルに「夏の魔術シリーズ」と呼ばれる小説シリーズがありました。このシリーズは「夏の魔術」「窓辺には夜の歌」「白い迷宮」「春の魔術」という四冊の連作物でありまして、個人的にはとても好きな小説でした。そしてこのシリーズの内、「夏の魔術」と「春の魔術」では、不思議な世界に建つ「黄昏荘園」という名前の洋館が舞台になっています。


小説の中の「黄昏荘園」は、ヴィクトリア風の洋館と書かれており、この洋館を舞台に主人公達の不思議な話が始まる訳ですが、当時の私は勿論、ヴィクトリア風の洋館など見た事もなかった訳でして…こういう洋館を自分も見てみたいな…とよく考えていたものです。


時は流れ、私も実際に欧州に居住したり仕事で今でも時々そちらに行きますので、ヴィクトリア風の洋館に実際に宿泊する機会にも恵まれました。ところが、実際にヴィクトリア風の洋館に宿泊した時も、あの当時「黄昏荘園」を夢見た気持ちにはなりませんでした。やはり年を取ってしまうと、そのような感動とは無縁になってしまうのかもしれない…と思っていたのですが…。


何年か前、何かの機会に恵まれて、道東のチミケップ湖に佇む、チミケップホテルという場所に昼食で訪れる事になりました。そしてこの湖に佇むチミケップホテルの建物を見た瞬間、学生だったあの頃の気持ちが戻ってきたのです。これ…自分が当時イメージしていた黄昏荘園だよ…と(笑)。


チミケップホテルの建物自体は、小説に出てくるヴィクトリア風の洋館ではありません。ですが、このホテルの建物を見た瞬間、当時小説を読んだ時のイメージが浮かんできた訳でして…不思議なこともあるものです(おそらく当時は、ヴィクトリア風の建物を知らなかったので、勝手にこのような建物をイメージしていたのでしょう。)。そしてこのホテル、人里離れた湖にポツンと佇むホテルでして、周りにはこのホテル以外、何もありません。たしか携帯電話も部分的に入らなかったような…。


小説に登場する黄昏荘園…この洋館は現世から分離された不思議な空間に佇む洋館です。そしてこの洋館には、年老いた執事と洋館の主人が二人で住んでいまして…ここに主人公を含むグループがやってくる(実際には呼ばれたわけですが…)という話になっています。ですから、寂れた空間に佇む洋館…という雰囲気が、これまで実際に欧州で宿泊してきた洋館にはなく、チミケップホテルの建物にはあったのかもしれません。


そんな事もあり、機会があれば是非このホテルに宿泊してみたい…という気持ちを持っていましたが、なかなかその機会に恵まれませんでした。ところが先日、ふとした事からこのホテルの招待券が手に入りまして…。この機会を逃す訳には行かない!と思い、明日・明後日と家内とチミケップホテルに宿泊しに行こうと思います。何もない静かな湖畔に佇む洋館…まさに自分としては、「夏の魔術」の主人公のように、黄昏荘園に宿泊する気持ちで、久しぶりに年甲斐も無くワクワクしています。


流石に小説のようにここから不思議な話が始まる…という事はないでしょうが、それでも気分だけは、小説の主人公になってみたいものです(笑)。…とはいえこのホテル、罠がありまして…宿泊部屋の一つは…和室(笑)。「招待券なので、和室でええやろ!」となり、和室に通されることだけは勘弁して欲しいです。はたして、どうなることやら…。



にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。