北海道の片田舎で

仕事の関係で北海道の片田舎に住む事になった内地の人です。こちらでの生活も10年を超え、中古住宅+リノベ工事により、我が家も手に入れました。

よ…予算がぁ~(見積書第一弾)

本日、リノベーションの見積書第一弾が工務店さんから出てきました。こちらの当初の予算は1,200万円…結果は果たして…という感じで、私も家内もドキドキ状態で見積書を受け取ったわけです。見積書を見てビックリ!なんと見積もり金額は、驚きの約1,600万円!(笑)。


思わず、家内は「げぇ~」という声が出ていましたし、私もビックリです。予算が…予算が…な状態な訳ですが、驚いているだけでは話は進みません。まずはじっくりと見積書を精査し、必要な部分と不必要な部分の仕分け、そしてダウングレードなどを考え、少しでも予算に近づけなくてはいけません。


ということで、まずは見積書をじっくり見る事になりました。合計金額:14,787,910円、消費税:1,183,033円で合計15,970,942円。消費税死ね~~~という叫びはお約束ですが、まずは本体となる14,787,910円の内訳を大雑把に見ていきます。


仮設工事:537,015円
この部分は、仮設トイレ、養生費、産業廃棄物処理費用、運搬費、雑役労務費、清掃費、車両運搬費などが計上されていますので、この部分は実際に動く人間のための費用や、廃棄物処理がメインの項目のため、ここはまず動かない額だと思います。


木工事:1,806,484円
ここは。解体作業費、大工作業費、金物費、木材などが計上されています。今回のリノベーションでは、間取り変更や床の間の除去などが含まれます。そして解体作業費や大工作業費は床面積辺りにかかっていますから、この部分も動かない金額と考えた方が良さそうです。


内装工事:610,332円
この部分は天井や壁のクロスの張替えがメインになっています。また脱衣所、トイレのクッションフロアもここに計上されていますから、この部分も減らせないでしょうね。とはいえ…この項目には減らせそうな物が一つ入っていました。階段カーペット(94,000円)。これは実家にあるような普通の木目の階段で問題ありませんので、これは外せそうです。


建材工事:925,240円
ここは石膏ボードや、木質フロア、開口枠、窓枠など、まさに建材関係が纏められています。という事で、床材を変更しない限り、この部分もそれ程変更はなさそうですね。


防寒防湿工事:758,639円
ここは付加断熱工事の部分になります。個人的にはこの部分はあまり削りたくないですね…。


内装建具工事:417,000円
ここは内装ドアや玄関収納が計上されています。個人的にはこの部分はダウングレード可能な気がします。ドアの単価の多くが30,000~52,500円(卸値からの価格ですよね?)。引き戸タイプを選択しているとはいえ、もう少しグレードを落す余地があります。また玄関収納の部分は、私達夫婦二人が使用するには少し大きすぎます(価格:102,250円、定価で20万くらい?)。ですから、この部分もダウングレード可能ですね。


住宅機器:1,990,760円
ここはキッチン、ユニットバス、トイレ、化粧台ですね。家内の我侭を一部却下して、キッチンの価格を落す、そして化粧台とトイレについても再考の余地があります。


金属樹脂建具工事:1,133,740円
ここは再考の余地が非常にある場所です。玄関ドア(388,140円)、断熱サッシ(604,500円)、網戸(141,100円)。まず玄関ドア…これはダウングレードです。断熱サッシ系…具体的には窓などの部分になりますが、ほとんどの窓がFIX付き縦すべり出しタイプです。断熱という観点から考えれば、これが良いと思いますが、場合によっては引き違い系の単純な窓にする必要があるかもしれません。網戸についても同様ですね。


左官工事:124,200円
これは玄関仕上げの部分ですから、ここはそのままになりそうです。


給水給湯暖房換気設備工事:2,786,596円
ここが問題の箇所です。セントラルヒーティングの導入を考えると、これは削れません。ちなみにこの総額の内、暖房関係の設置費用が1,102,020円、エコジョーズ関係が411,727円です。そのため、セントラレルヒーティング導入を諦めれば一気に下がるのですが、これはね…(笑)。


電気設備工事:852,970円
ここは照明などその他の電気関係の工事費用なのですが、ここも削れそうですね。計上されている照明器具は、少し高すぎます。これは量販店で自分で購入することで対応した方が良さそうですね。


屋根工事:966,264円
これは屋根の葺き替え工事の費用です。この部分は「葺き替え」を選択した時点で覚悟していましたし、必要な工事でしょうから、ここは削れません。


塗装工事:1,878,670円
ここは外壁の交換工事ですね。金属サイディングを使用する予定ですが、ここについても場合によってはグレードを落すなど対応が出来そうです。


ということで…削る余地はかなりありそうですから、今回の見積書をベースに色々と考えて行く事になりそうですね。まぁ、最初の見積書ですんなり行くとは思っていませんでしたから、ここから工務店さんと色々と相談しながら進めて行く事になりそうです。


明日はいよいよ中古住宅の決算日。ようやく住宅の所有権が移りますから、現在の内装やリフォームプランを公開していくことになりそうです。



にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。