北海道の片田舎で

仕事の関係で北海道の片田舎に住む事になった内地の人です。こちらでの生活も10年を超え、中古住宅+リノベ工事により、我が家も手に入れました。

不動産屋さんとの出会い

不動産屋の中古住宅のチラシ、皆さんも色々と見る事があると思います。私自身も、中古住宅の購入+リノベーションを考えた際、真っ先に調べたのが中古住宅のチラシです。


このチラシには、様々な情報が書かれていますが、個人的には不動産屋で直接聞くのが良いかな…と思います。この際に注意すべきことは、自分に合った担当者との出会いに尽きる…と私は感じました。


私自身、最初に行った不動産屋は、担当者が…な感じで、次の不動産屋に移動…を二度程繰り返した結果、今回の担当者と出会うことになりました。


ここでの良い担当者とは…これは微妙な気もしますが、私と家内の考えでは、


1.紹介する不動産の様々な情報、立地条件などが完全に頭に入っている事
2.マイナス面もきちんと説明できる事
3.こちらが望んでいる物件を的確に理解し、紹介できる事


この3点が重要だと思っています。


1と2は、余程酷い担当者でなければ、普通は出来るのですが、3が出来る担当者は、意外と少ない…と私個人は思います。


今回私が提示した条件は、


1.家内と二人の家族構成のため、広すぎる家は駄目
2.中古住宅で1000万円未満で購入可能な物件
3.職場に歩いて通える距離


この三点に適合する物件を選ぶことになったのですが…これが実は非常に難航しました。


1の条件…これは北海道の人は皆さん分かると思いますが、
       北海道の家は広い!
       広すぎる家は、二人では持て余しますし
       (大は小を兼ねない。)、
       光熱費が馬鹿になりません。
       床面積30坪未満を希望していたのですが
       …これが大変。


2の条件…これも実は結構大変でした。一般的には、
       木造住宅の価値は20-25年で0になってしまいます。
       ですから、築25年以上の物であれば、
       ほぼ土地代だけになる筈なのですが…
       とても強気な売主様が多い訳でして…
       築30年以上の物件で1500万以上
       (土地価格は最大でも500万円)
       勿論、売れ残っています。


3の条件…これが大変な条件となりました。
       私の職場は、新興住宅地からは離れていますし、
       市の中心部からも少し離れています。
       ですから、中古物件の数自体が少ないのです。


これらの条件を考えた結果、一つ候補地が残されました。


職場まで歩いて25分、築17年、価格980万円
土地が約270m2、建物面積1F:56m2、2F:36m2
間取り:3LDK


なかなか良い物件です。
この辺りの路線価は10,000円/m2
路線価計算では、土地代金270万円


(実際に売り出されている近くの土地の値段を考えると350万円程でしょうか・・・長いこと売れ残っていますが)。築年数を考えると、それ程無茶な値段ではありません。


とはいえ…内覧をしてみると…ちょっと微妙?でも、許容範囲?な感じで、家内と二人で色々と相談をしていた状態でした。



にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。