北海道の片田舎で

仕事の関係で北海道の片田舎に住む事になった内地の人です。こちらでの生活も10年を超え、中古住宅+リノベ工事により、我が家も手に入れました。

あれ?来年になってから?

中古住宅契約の日程が近づいてまいりましたので、今日は契約書などのチェックのため、不動産屋に出向きました。契約書の内容、重要事項説明書の内容、付帯設備及び物件状況確認書の確認を済ませ、あとは契約日の当日を待つだけ…なのですが、ここで不動産屋さんから衝撃のお知らせが(笑)。


勿論このお知らせは、先日の住宅ローンの予備審査の結果ではありません。住宅ローンについては不動産屋さんに全て手続きを任せていましたが、申請の翌日には銀行からOKが出るという、不動産屋さんも驚く程のスピード解決(流石に、あの額の住宅ローンで却下されることはないだろうと、私も不動産屋さんも思っていましたが)。


その衝撃の知らせとは、リノベーションの時期に関するものでした。実は今年の北海道、もう雪が降りました(笑)。当初、工務店さんもなんとか年内に外壁や屋根も含む工事が開始出来るだろうと想定していたのですが、このあまりにも早い降雪のため、ちょっと拙い…という事になったようです。


特に今回は、屋根の葺き替え工事も入っています。屋根の葺き替え工事中に雪が降るとかなりやっかいな事になるようでして、それらもあって工事開始は…なんと来年の3月ごろ(笑)。同席していた家内が思わず小声で「エッ」という感じでした。勿論、私もビックリです。


とはいえ、こればかりは工事を請け負う工務店さんの都合もあるでしょうし、ここまで誠実に対応してきてくれた工務店をこの段階で代えるというのも、考えられません。今回の中古住宅購入の時もそうでしたが、どれだけ情報社会が進んだとしても、最後は結局、人の繋がりに帰結する訳ですから。そして今回の新居について、たしかに早く新居で住みたいな…という気持ちはありますが、是が非でも年内に引越し…とか、1月や2月に引越しという程、逼迫した状況ではありません。つまり私達夫婦側には、待つことが出来るという時間的な余裕がある訳です。


また、3月頃に工事開始という事は、内装工事、外壁工事などを全て完了するとなると、おそらく新居への引越しは5月の終わりか6月になると想定出来ます。という事は、北海道の厳しい1月や2月といった、雪が降り積もる時期の引越しを避けられること、工務店さんとリノベーション計画を詳細に詰める時間が出来る点など、メリットもあるな…とも思えてきました。(この間に自己資金も更に増えますから、最終的なローンの額も減りそうですし…)


唯一心配だな…と思うことは、新しく購入した中古住宅を無人のまま、11月から3月まで置いておかなくてはならない事でしょうか。とはいえ、今住んでいる場所から徒歩で数分の場所にありますから、時々新居に行き、晴れている時に窓を開けて換気するだけでもなんとかなるのではないか?とも思うわけです(どうせ、水道管やガス管の交換も含めて全面的にリノベーションする訳ですから)。


あまりの事に、家に戻ってきた家内は「あぁぁぁぁ…」などと騒いでいましたが、人生万事塞翁が馬という言葉もあるように、これで良かった…となるのかもしれません。いずれにせよ、じっくりと腰を据えて新居を待とうと思います。


明日は昼間に、札幌に仕事のため移動しますので、折角なので時間が空いたら、札幌で少し新居に入れたい家具でも見繕うかと思います。




にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。