北海道の片田舎で

仕事の関係で北海道の片田舎に住む事になった内地の人です。こちらでの生活も10年を超え、中古住宅+リノベ工事により、我が家も手に入れました。

ロシア料理

大阪での仕事が終わり、久しぶりに静岡の浜松で仕事でした。そして今日、浜松での仕事が一段落したため、仲間内で食事(飲みに行く!という事ではなく、あくまでも『食べに』という部分がポイントです)にでも行こうと思い、久しぶりに行きたかった場所に行ってきました。私…ロシア料理が結構好きでして、北海道に来てからも、今は閉店してしまいましたが、稚内にあったロシア料理のお店などに行っていました。


そして浜松には、『サモワール』という結構有名なロシア料理のお店があります。以前にも行った事がありますが、最近ご無沙汰していたため、久しぶりにそのお店で夕食という事になりました。ちなみに…サモワールというのは、お湯を沸かすために使用する金属製の容器…といいますか、お茶用の容器のような…。



このロシア料理のレストラン、昭和の時代からつづく老舗でして、話によると旧ソ連の大使がここに来て、非常に味を気に入り、お代わりまでしたとか。そんな事もあり、昔から非常に安定した味のロシア料理屋で、私の好きな場所のひとつです。


今回楽しんだロシア料理のコースですが、いきなりボルシチが登場(笑)。たしかに、これは煮込みスープですから、初手からボルシチというのも分かるのですが、重いスープです(笑)。


ついでにパンも登場ですが、やっぱりこれです。ライ麦パン。少し酸味を感じる独特の味を持つパンなのですが、私この味も結構好きだったりします。


次手、ピロシキ。ここのピロシキ、持ち帰り用も用意されており、人気メニューの一つです。中身はギッシリお肉が入っています。これも非常にボリュームがある料理。初手から結構重いコースなのですが、あっさり食べることが出来てしまうのが、ロシア料理の怖い所。


第三手、牛肉のシャシリク。ある意味、ロシア料理の定番中の定番なのですが、これ美味しいです。一見、ただのBBQだろ!と思うのですが、味付けが独特でして…。酢とオリーブオイルに香味野菜や香辛料を入れた物に、肉を漬け込み、これを焼いた物のため、少し酸味を感じる事も出来、癖になる味です。ここのレストランでは、羊肉のシャシリクもありますが、今回はあまり癖のない牛肉のシャシリクにしました。


第四手、つぼ焼ききのこ。これもこのレストランの人気メニュー…といいますか、昔から変わらない料理です。きのこと名前が付いていますが、中にきのこは入っていません…多分。容器の中にクリーム煮が入っており、上からパンで蓋をした焼き物料理です。蓋のパンをクリーム煮に落として食べると非常に美味しい料理です。


そして最後は、やっぱりロシアンティー。紅茶に蜂蜜やジャムが入っており、これも少し癖はあるのですが、私にとっては非常に好きなお茶の一つです。久しぶりにロシア料理を堪能することが出来て、非常に幸せなひと時を過ごす事が出来ました。明日と明後日…最後の仕事が待っていますが、もう一頑張りで、北海道の片田舎に帰還出来ます。



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。