北海道の片田舎で

仕事の関係で北海道の片田舎に住む事になった内地の人です。こちらでの生活も10年を超え、中古住宅+リノベ工事により、我が家も手に入れました。

越南式コーヒー

お隣さんがベトナム(越南)に行っていたようで、お土産としてベトナム式コーヒーを貰いました。ベトナムは昔、フランスの植民地であったため、金属フィルターを押し沈めて抽出するフレンチプレスによく似た器具でコーヒーを作ります。またベトナム式コーヒーは、普通のミルクではなく、コンデンスミルクを使うのも特徴。時々、これを飲ませてくれるお店で楽しむ機会があったため、個人的には結構好きで、非常に嬉しいお土産となりました。


こんな感じで、金属フィルター一式もセットのお土産で非常に嬉しかったです。通常のフレンチプレスとは少し使い方が違い、直接コーヒーカップの上にこの金属フィルターをセットするのがベトナム式。


まずはカップ状のフィルターの中にコーヒーの粉を入れます(あまり細かい粉は使用出来ません。)


次に落し蓋のような感じで、中蓋をします。この中蓋の押し込み方によってコーヒーの濃度が変わるため、強いコーヒーを飲みたい際は少しきつめに中蓋を押し込みます。適当でも問題なし(笑)。


エスプレッソと同様に大量には飲まないタイプのため、小さめのカップを用意し、中にコンデンスミルクを入れてから、上に抽出機を載せてセット完了。このコンデンスミルクが重要です。


最初に少量のお湯を上から入れて、少しだけコーヒー豆全体を蒸らしたら、飲みたい量のお湯を上から注ぎます。


最後に蓋をしたら、コーヒーが抽出されるまで待つだけ。後は時間が解決してくれます。


注いだお湯が全て下に落ちたら完成。コンデンスミルクは既に入っているため、よく混ぜてから飲みます。


こんな感じで、金属フィルターを使用するドリップ式コーヒーなのですが、中蓋でプレスをしていますので、純粋なドリップ式とも少し異なります。またコンデンスミルクを使用しているため甘さも強めですが、コーヒー自体もかなり濃く出ますので、アメリカンコーヒーが好きな人にとっては、かなり濃いコーヒー(別の飲み物)だな…という印象になるかと。


また量的には、エスプレッソを飲むのと似ているのですが、あちらは圧力をかけて短時間で抽出していることに対して、こちらは通常…少し長い時間をかけての抽出になるため、カフェインはしっかり入っていますし、味もエスプレッソより濃厚…悪く言うと『やぼったい味』です。


ただ…好きな人にとってはたまらない味でして…私自身にとってはかなり好きな味です。残念ながらベトナム本国でこのコーヒーを飲んだ事がないのですが、機会があれば是非飲んでみたいものです(東南アジアは仕事で比較的よく行くのですが、残念ながらベトナムに行く機会には恵まれていません)。


期せずして自宅でベトナム式コーヒーを楽しむ事が出来て、今日はとても良い一日となりました。



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。