北海道の片田舎で

仕事の関係で北海道の片田舎に住む事になった内地の人です。こちらでの生活も10年を超え、中古住宅+リノベ工事により、我が家も手に入れました。

因縁の『猫空ロープウェイ』

前半戦に引き続き、台湾での休暇編です。これまで三度行こうと思い、三度ふられ続けた猫空。台北の文湖線の終着駅である台北動物園から出ている全長約4kmのロープウェイに乗って行く、周りが茶畑の非常に眺めの良い場所です。行ったところで、それ程広い場所ではなく、在るのは風景と茶芸館だけ…そんな事は百も承知なのですが、ここまでふられ続けていますと、一度は行ってみたい!と思うのが人間の心情。


台風は既に通過している…天候は現在のところ安定している…そして今日は台北での私の休業日。これだけの好条件が重なる事は滅多にありません。さらに板南線と文湖線の乗り換え駅である『忠孝復興』の駅の案内標識には『本日停止中』の文字はなし…。こうなれば、台北動物園までMRTで行くしかない!となるのが人情というものです。一路、文湖線の終着駅である台北動物園に足を向けました。


動物園の駅に到着。生憎、ガキ御一行様がキャッキャッしていましたが、奴等の行き先は左側の動物園…の筈。渾身の願いが天に通じたのか、ガキ御一行様は左側に移動していきました。これで私を邪魔するものは何もありません。


ロープウェイの駅に到着。このロープウェイには、途中に二つ程駅がありますが、今回の目的は終点の猫空。お値段は片道120元(450円くらい?)。ただし悠遊カード(台湾版Suica)を使用すると割引がある…という事を、乗ってから気付きました(笑)。ということで、行きは正規料金を支払っています。


いい年した大人が、こんなロープウェイに乗ってキャッキャッしている…不気味ですね。


ちなみにロープウェイは全長4km程。時間にして20分程かかるので、結構長いです。


ロープウェイに乗っていますと、視界が開けた時に遠くに台北の町並みがうっすら見えました。それにしても…台北101目立ちます。山一つ隔てているはずなのですが…目立ちます。


そしてようやく到着した猫空…何もないわ…。景色は良いですし、少し遠くに茶芸館らしき建物があるため、ここに向かって出発です。


そして到着した茶芸館。九份もそうですが、見るからに『The KANKOUCHI!』な茶芸館です。一体幾らかかるだろうか…という心配…少しありました。しかし、ここまで来て入らないという事は出来ません。周りには食事が出来る場所もありましたが、生憎昼食はもう食べていますから、そちらではなく茶芸館の方に足を向けました。



さて茶芸館のシステムは、通常は茶葉を購入し、お湯を別に購入します。そのため熱いお茶を飲む場合は、湯を追加出来ますから(お湯代を一度払えば、何度でも追加可能ですし、中国茶は一度の葉で何度も煎れるのが一般的です)、長い時間滞在する前提での値段となっています。しかし今日のような暑い日は冷たいお茶が飲みたい…というのが人の理というもの。勿論、茶芸館のメニューには冷たいお茶もあります。しかし冷たいお茶の場合は、お湯を購入…というスタイルが出来ないため、普通はピッチャーのような代物に冷たいお茶が『ドン!』と出てくる…筈。


ついでに茶請けのお菓子…これ重要です。ところが、けしからん事に今回入った猫空の茶芸館には、台湾風のお茶請けがほとんどない…。ほとんど洋風のお茶請けばかりでした。けしからん!なのですが、お客さんは西洋人多そうですから、仕方ありません。数少ない台湾風のお茶請けから、手っ取り早く盛り合わせを購入。お値段、お茶も合わせて二人で540元(約2000円強?)。あれ?安くない?もう少し取られると思っていたのですが、思っていたよりも良心的な値段でした。


そして出て来た冷たいお茶がこちら。想像どおり、コップの親玉のようなピッチャーで出てきました(コップの高さは…30cmを越えているような…)。隣の通常のコップとの大きさを比較すると…。気分はまさに『O…Oh…』な感じです。


そしてお茶請けがこちら。こちらもまさに『O…Oh…』な気分でして…やってしまった感満載でした。お茶請け定番の茶梅は分かります。そして乾燥マンゴー…これも百歩譲って分かります。しかし…どこの茶芸館にこんな重いお茶請けを出す処があるよ!と声を大にして言いたい!こんなにたくさん食べられる訳ないでしょ!こちらは二人分という事で、これを二つも頼んでしまっている訳ですし…(笑)。


景色は非常によく、涼しげなお茶に、美味しそうな台湾のお菓子…非常に良いはずなのですが…これ一人分。この後、夕食もあるのに…どうしてくれるんだ!と声を大にして私は言いたい!『やり過ぎだ!』と。たしかに、大きさを確かめなかった私も悪い…かもしれないけど、普段の茶芸館の値段を考えたら、もっと小さい物が出てくると考えても、おかしくはない!…筈。


あっ、勿論完食しました。その後、お腹にズシンと貯まった満腹感と後悔を連れて、再びロープウェイで台北動物園に…。久しぶりにやってしまった感満載の猫空行きとなりました。いえ…これまでふられ続けていた猫空に行く事が出来た事は良かったのですけどね…。



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。