北海道の片田舎で

仕事の関係で北海道の片田舎に住む事になった内地の人です。こちらでの生活も10年を超え、中古住宅+リノベ工事により、我が家も手に入れました。

養生シートの撤去

先週、新居の庭にブルドーザーが鎮座している姿があったため、そろそろ屋外のガス工事が終了しているだろうな…と思い、今日の夜は久しぶりに工事現場に行ってきました。電力会社からの連絡では、既に電気は来ているようなので、ブレーカーを上げれば照明も使用可能。ひょっとしたら、システムキッチンのガスコンロも設置されているかもしれない…という期待もありました。


まず外から工事現場を覗きますと、ブルドーザーによって一部掘り返された庭の姿が…。事前説明も受けていたように、庭の一部のツツジの木が伐採されており、一度穴を掘って埋めた跡が明確に残っていました。どうやら新しいガス管の敷設工事は終了しているようです。


そしてドアを開けてビックリ。開けてみて、あれ?何か違うな…と感じたのですが、それもそのはずです。養生シートが全て撤去されていました。部分的にはフローリング床となっている部分も見ていましたが、全面のフローロングを見るのは初めてです。家内もそうでしたが、私も非常に驚きました。どうやら美装工事がもうすぐ入るため、それに合わせて養生シート類が完全に撤去されたようです。


玄関部分の養生シートが完全に撤去され、最終形態を見る事が出来ました。


当初聞いていた予定では、来週の月曜日に美装工事ですから、もう少し余裕があるような気もしますが、これまで少しずつ前倒しで工事予定が消化されていましたから、ひょっとしたら余裕を見て今週末に美装工事…という流れになっているのかもしれません。


またシステムキッチンを見てみますと、こちらの予想通りにガスコンロも設置済み。おそらく屋外のガス管工事が終了したため、完全にガスのラインが繋がりましたから、ガスコンロを設置して試験運転をしたのだと思います。これでLIXILのショールームで注文したシステムキッチンの全貌を見る事が出来るようになりましたが、ほぼ私達の予想通りの姿となっており、非常に安心しました。これについては、私よりも家内の方が喜んでいたような…。


キッチンの養生シートも外され、ガスコンロが設置された事で、こちらも最終形態を見る事が出来ました。


最後に残っていたガスコンロが設置されましたから、おそらくこれで工事については、美装工事を除いて終了だと思います。当初の予定通りに工事が進んだ事を確認でき、私も非常に安心しました(これについては、工務店さんに感謝しかありません)。予定では、明後日の水曜日に住宅ローンの手続きに入り、来週の水曜日に引渡しです。住宅を購入しようかな…と決めてから約1年。中古住宅を購入してから約半年が経過しましたが、ようやく一つの区切りが見えてきました。



にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。