北海道の片田舎で

仕事の関係で北海道の片田舎に住む事になった内地の人です。こちらでの生活も10年を超え、中古住宅+リノベ工事により、我が家も手に入れました。

工事開始から二ヶ月…そして引越し準備

我が家のリノベーション工事は4月13日に開始しましたので、丁度今日で二ヶ月。そして丁度今日、全ての内部の工事が終了したようです。これで残るは、ガス管の屋外工事のみ。この屋外工事も、元々は来週の予定でしたが、丁度業者に空き時間が出来たのか、今日の夜に家の工事現場に行きますと、既に小型ブルドーザーが庭に入っていました。どうやら思っていたよりも早く工事自体は終了しそうです(もっとも、美装工事の日程は変わりませんし、ローン手続きもあるため引渡し日は変わりませんが)。


引渡し日はもう少し先とはいえ、そろそろ引越しの準備も始めなくてはいけません。引越しの日程…多少の余裕を見て7月8日の土曜日を第一候補としました。そしてこの日程で引越しが可能かどうかを確認する必要もあるため、まずは引越し会社に見積もり依頼です。見積もりを依頼しますと直に反応があり、まずは二社が実際に家に来て、荷物の量を見てから見積もりを行うとのこと。これについては家内に全て任せました。


家内がお願いした二社ですが、まずは少し高いですがサービスは非常に良いのが評判のA社。そして運送系の会社でもあるN社。最初に来たのは、勿論A社の方です。ここはサービス内容には全く問題ありませんが、いかんせん高額になりやすいとの評判の会社です。ですから金額さえ折り合えばこちらの会社が優先です。今回の我が家の引越し…距離は歩いて数分のため20 km以内。そして荷物などの梱包と開封は自分達で行うため基本コースで問題ありません。更に大型家電はこの機会に入れ替える予定のため、これらの搬送も不要。


早速来たA社の営業マンの見積もりでは、約10万円。一応今回の予定では、引越し+不用品処分費用で20万円程と考えていたため、不用品処分が約10万円と考えると、ギリギリ予算内です。とはいえ今は引越し繁忙期ではありませんし、A社の割引券も持っていたため、それらを全て合わせると、最終的に約6万5千円が提示されました。人員3名で作業を行ってもらい、養生などもしてもらうと考えると、非常に妥当な値段です。流石にもう一社見積もりに来てもらう予定だったため、即決はしませんでしたが、たぶんこっちだろうな…というのがその時の家内の気持ちだったようです。


続いて、N社の営業マンがやって来ました。これまでの感覚では、こちらの会社の方が安価になるイメージがあったため、A社の見積額との差額とA社のサービス内容を天秤にかける事になるだろうな…と考えていたのですが、出て来た見積額は驚きの約6万5千円。A社の営業マンがかなり頑張ってくれたのか(引越し閑散期ですから…)、N社があまり頑張らなかったのかは分かりませんが、ほぼ同じ金額であればもう結論は一つです。勿論A社を選択しました。正直、N社が5万円以下を提示してきたら少し悩んだと思いますが(それでも最終的にA社を選んでいた気もしますが)、ここまで変わらないようでしたら、サービスには定評のあるA社しか選択肢はありません。


早速A社に連絡し、正式にお願いする旨を伝えました。幸いな事に7月8日で問題ない事も確認。これで引越し日も決定しましたので、後は大型家電や家具などの処分の手続きです。こちらは近所の便利屋にお願いして一括処分をしてもらう事になりますが、2tトラック一杯分の家財道具の処分で約10万円。リサイクル料を取られても、引越し代金が少し安く上がったため、おそらく予算内で片付きそうです。なんとか一番最初の総額2,000万円以内の目標…クリアー出来そうな気がしてきました。



電気が使用可能な事が分かったため夜に新居を訪問し電気を少しだけつけてみました。美装工事がまだのため養生シートが貼られていますが、照明をつけますとなんとなく普通の家のような感じが…。二ヶ月でなんとか工事が終わりました。


ポーチ灯のステンドグラス風の照明も結構良い感じでした。





にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。