北海道での中古住宅リノベーションへの道

北海道で中古住宅を購入し、リノベーションを行うまでの道のりを紹介します。また、日々の生活について書いている事も。

工事開始から10日

4月13日からリノベーション工事が開始しましたから、昨日で丁度工事開始から10日が経過しました。この段階では今回のリノベーション工事の前半部分となる、解体工事&木工事が進んでいます。昨日工務店さんと話をした際は、そろそろガスラインの取替え工事が入ります、とも言われており、これに伴って庭部分の掘削なども始まるようです(今回の中古住宅周辺に、ガス会社が新たなラインを引いたため、ガス会社から可能であればそちらからラインを取り直して欲しいと言われており、かなり格安で掘削工事などが行えることになりました)。


現在の工事現場は、柱や梁などが剝き出し状態ですが、解体したばかりの状態から比較すると、だいぶ変わったな…と感じることが出来、工事が着実に進んでいることが実感できます。


例えば、新居ではリビングスペースとなる場所から撮影している定点撮影の画像を日程順に並べていきますと、このような変化が見られます。4/14の解体工事二日目では、天井から張り出している壁を構成していた木材もありますし、全ての柱が残った状態です。これが二日後の4/16には、左側の柱が抜け、これに対応するための太い梁が一本追加されました。そして昨日(4/23)の段階では、右側の柱も新たに梁を入れる事で抜かれていますし、新居で追加される壁や腰壁が追加、更には床の高さも統一されました。また良く見てみますと、電源ラインやパネルヒーターに使用するラインも序々に入り始めています。


現在の計画では、新たに壁を作った部分に様々な機能の制御ユニットを集約する予定のため、この部分にはパネルヒーターの温度調整パネル、風呂の制御パネル、玄関インターフォンのカメラ画面、情報コンセントの大元、電話回線、電源など様々なラインが集まることになっています。そのため工事中ではありますが、既にこの周辺に様々な種類の線やボックスが…。


また最終的に柱が残る部分については、以前の打ち合わせで『腰壁』という形で残す事が決まっており、このための枠が追加されていました。高さもこちらで指定していた通りになっていますし、なんとなく完成形が予想出来るようになりました。また今日は曇りでしたが、この天候状態でもかなり室内に光が入るようで、これについても予想通りになり一安心です。


いずれにせよ、僅か10日でかなり工事が進んでいるので、ゴールデンウィークに入る来週の終わり頃には、壁の元となる石膏ボードが入り、もう少し完成形が想像しやすい形になるのかな…と少し期待しています。




にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



風呂場の拡張

今日の昼休み、久しぶりに工事現場に見学に行ってきました。こういう時に工事現場が職場から近いと、比較的気軽に行く事が出来るため便利です。前回工事現場をお邪魔した時は、床下にグラスウールの追加を行い、これまで部屋ごとに少し段差があった部分を床下の枠組みを組みなおす事で調整する工事の真っ最中でした。今日実際に工事現場に入りますと、既にそれらの工事は終了しており、一階部分の床は全て同じ高さに調整が終わっており、柱の入れ替え作業や梁の張替え作業が行われていました。


解体当初はそれぞれの床の高さが微妙に違っていましたが、今回の工事でこれらの高さは完全に統一されました。全ての床下の断熱材もグラスウール150 mmで統一。


床の部分については、この上にフローリングの床材を敷き詰めていく訳ですが、これらの作業はまだだいぶ先になります。その前に柱の入れ替えなど、もうしばらくは木工事に関連する作業が待っているようですし、洗面所部分を構成する新たな壁の作成も必要です。とはいえ、床の高さが揃うだけでもかなりスッキリした感がありました。


また工務店さんと話していた際、風呂場部分の工事が進んでいる事も気付きました。元々の住宅の風呂場サイズは0.75坪タイプ。これを今回の工事で1坪タイプに変更予定でしたから、基礎断熱部分も含めて、1坪タイプのユニットバスを入れる事が可能な形に工事が必要でした。一般的に風呂が入る部分は一段床部分が下がるため、これに対応する工事…結構面倒なのだろうな…と思っていたのですが、既に終了していたようです。


いつのまにか風呂スペースに対応する部分が、0.75坪から1坪に変更済み。真ん中にあった柱も、梁の構造を変更することで撤去済み。こうしてみると、たかだか0.25坪の変化とはいえ、結構広さ違うな…と実感します。この部分に風呂ユニットが入り込むわけですが…実際に入れるのは、もう少し先です。


流石に平日はそれ程時間がとれませんから、家内と一緒に明日の昼頃見学に行く事を工務店さんに伝えて、そのまま職場に戻りました。少しずつではありますが、柱も含めて新しくなっていく姿を見ると、とても嬉しいです。また家の内部の構造、梁の構造など(古い家ですから、今では金属部品で代替している『火打ち』なども、かなり太い木材で作られており、なかなか興味深い物が見られました)、普段目にする事が出来ない物をじっくり見る事が出来て、ここ最近非常に楽しい時間を過ごす事が出来ています。



にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



断熱材の追加と再びトラブル?

後述しますが、今日の昼休みに工務店さんに確認することがあり、工事現場にお邪魔することになりました。行ってみると、既に一階のキッチンスペースについては床工事がかなり進行しており、その場で工務店さんから『床下に追加の断熱材を入れました』との説明を受けました。なんでもこの当時建てられた建物の多くは、床下にグラスウールを10 cm入れる工法が標準だったそうですが、現在は更に5 cm追加する事が多いそうで、床の高さを全体的に揃える際にどうせ床材を全て一度剥がして、床の枠組みも弄るのであれば…ということで、追加で5 cm分入れることになったようです。


解体当初は写真の左側のように10 cmの黄色いグラスウールが入っており、その上に少し浮くような感じで床材が組まれていました。しかし今回のリノベーション工事で、この浮いている部分内部にもグラスウールを入れることになり、最終的に現在の住宅とあまり変わらない断熱材15 cmを確保(追加分は赤いグラスウールの部分です)。


また以前問い合わせのあった、玄関ドアの件も解決、さらに床材の色の最終決定や建具関係の色についても解決…までは良かったのですが、実は昨日のメールでの連絡でとんでもない事が判明しており、今回の急な打ち合わせは、それに対してのものでした。まぁ、リノベーション工事では、色々な問題が発生する事は当たり前なのですが、今回の問題は少し毛色が違っておりまして…。それは導入するパネルヒーターに関するものでした。


パネルヒーターについては、何度かこのブログでも書きましたように、当初の予定からパネルを二枚追加する形で最終決定をしていました。また工務店さんも、この部分については専門の業者に任せていた筈なのですが、ここで大きな落とし穴が。私も工務店さんも、最初に業者が選定した器具に、新たに追加のパネルを入れる…と考えていました。


といいますのは、業者が最初に提示した選定書にて行っていた最大負荷計算は熱損失係数(一般的にはQ値と呼ばれているものです)を1.6で計算していました。この値は現在の省エネ基準(平成11年基準)には該当しますので、新築の場合であればこれで問題ありません。しかし今回の私の住宅はかなり古い中古住宅。この建物が建設された当時に有効だったのは、旧省エネ基準ですから、北海道の場合はQ = 2.8です。流石に今回のリノベーション工事で、窓サッシや玄関ドアは現在の物に切り替えていますし、床にも追加の断熱材は入りましたが、それでも平成4年改定の基準であるQ = 1.8にも届かないだろうな…と考えていました。ですから、最初に業者が選定してきたQ = 1.6の想定に追加パネル二枚が現実的だろう…と考えていたわけです(この時点では、面倒なので自分で負荷計算はしていません)。


ところが…工務店さんが、そろそろ発注を考えて改めて選定書を依頼して、その結果出てきた代物は…パネル10枚を使用して改めてQ = 1.6で計算した選定書(笑)。しかも、最初の見積書の金額に比べて大幅に安くなっている(つまり機器が小型化している)…。先日、その選定書を工務店さんから渡されて、アッとびっくりです。


このような状態でしたから、流石にこの業者に任せたら大変な事になる…と考え、最大負荷の計算は自分でやることに(この種の熱計算は、計算しやすいように単位合わせが既にされているため、実は慣れてしまえば簡単)。とりあえず、計算しなくてはいけない数値は、実際の熱損失係数に対応する単位面積辺りの最大負荷の計算です。


今回の想定
Q = 2.0 (安全率 一階部分:20 %、二階部分:10 %)
この想定で、一階部分はQ = 2.4、二階部分はQ = 2.2でも対応可能
外気温度:-16.6 ℃、室内温度:22.0 ℃ (これは最初の選定書で使用されていた値)


ここで、最大負荷計算(つまり、外気-16.6℃、室内22℃で保つために、どの程度の発熱量が必要か?)をするためには、次の式を使います。


必要容量 (W) = 熱損失係数 (W/[m2・K]) × 床面積 (m2) × 室内と外気の温度差 (K)× 安全率


ただし、今回まず求めなくてはいけない値は、単位面積辺りの容量ですから、


単位面積辺りの容量 (W/m2) = 熱損失係数 (W/[m2・K]) × 室内と外気の温度差 (K) × 安全率


でOKです。これを計算していきますと…


1階部分
2.0 (W/[m2・K]) × 38.6 (K) × 1.2 = 約92.7 W/m2


二階部分
2.0 (W/[m2・K])× 38.6 (K) ×1.1 = 約84.9 W/m2


後は、それぞれの場所に設置するパネルの能力値を、ここで計算した単位面積辺りの容量に設置する場所の面積をかけてやれば決めることが出来ます(この際、パネルヒーターの性能は、きちんと補正値を使用する必要があります)。という事で…昨晩計算を終えて、その結果を今日の打ち合わせの際に工務店さんに渡しました。


ここで大笑いな出来事が判明。この件、工務店さんも焦っていたのですが、焦っていた箇所が私と工務店さんと異なっていた訳でして…。工務店さんとしては、見積書と大幅に異なる(大幅に安くなっている)選定書が来た事に焦り、私は選定書に書かれていた機器の能力に焦り…という事が分かり、お互いに大笑いな話となりました。まぁ…業者さんには、もう少ししっかりしてもらいたいね…という事で、今回のトラブルも無事に解決して良かったです。





にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村