北海道の片田舎で

仕事の関係で北海道の片田舎に住む事になった内地の人です。こちらでの生活も10年を超え、中古住宅+リノベ工事により、我が家も手に入れました。

今年は寒い?

昨日の朝、東京出張のため空港に車で向かう途中(今日の朝、トンボ帰りです)、運転席に表示された外気温の情報を見てビックリ。『-20度』…見た瞬間、『これ、駄目な気温だわ…』と感じました。これまで、しばらく北海道の片田舎で住んできましたが、-20度近い気温になるのは、1月の下旬から2月の中旬にかけてで、12月にこのような気温になった事は、ほとんど無かったと思います。


実際、今年は体感的にかなり寒いな…と感じていましたが、このような数字を目の当たりにすると、『やっぱりな…』と強く思います。幸いな事に、今年は新しい住宅のため、これまでのあばら家と違い、室内は非常に暖かいのですが…おそらく今年の暖房費は、以前ガス会社が提示していた平均的な数字よりも上がる事は確実です。


ということで、実際に例年に比べて寒いのかどうか?そして、寒いとしたらどの程度違うのか?という事を調べてみました。ありがたい事に気象庁から、平年の北海道の片田舎の平均気温や、今年の気温などが公開されています。まずは最高気温と最低気温の推移から確認です。


平均的な最高気温及び最低気温、そして今年の最高気温と最低気温の推移


グラフ化してビックリです。体感的には分かっていましたが、今年これ程寒いとは…。平均的な気温より、ほとんどの日が下回っています。第一、11/20前後の数日の気温…この時期に最低気温が-15度近いというのは…。そして11月下旬からほぼ毎日、平均最低気温を下回っていますし、ここ数日に至っては、最高気温が平均最低気温に近い始末。どう考えても、駄目な気温が続きすぎています。以前、10月分の暖房費の計算をしましたが、あの時期まででしたら、平年どおりかもしれませんが、今月分は平均を一気に上回るでしょう。


続いて、平均気温の推移についてもグラフ化してみました。こちらもお察しのとおり…駄目過ぎます。


平年の平均気温と今年の平均気温の推移


最高気温と最低気温の推移だけでも明らかなのですが、平均気温でとると、一層悲しくなります。といいますか…11/1から昨日までの約40日間で、平年の平均気温を明らかに上回った日が数える程しかありません。そして下回り方も尋常ではない下回り方…殺す気か!と思わず叫びそうになりました(笑)。


いずれにせよ、今月分のガス料金がもうすぐ出てくると思いますが、今月分は凄い金額になりそうです。出来れば…暖房費分として25,000円程で済むと良いのですが、どうなることやら…。




にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


モノトーンの世界へ

今年の冬は、11月の中ごろには最低気温が-15℃近くまでいった事もあり、例年よりも寒い感じがします。しかし雪はまだ積もっていませんでした。しかし今朝起きると一面が銀世界…のように素敵な気分ではなく、今年もやってきましたモノトーンの世界(どんより感満載です)。


北海道は非常に広く、たしかに北海道は何処に行っても寒いのですが、札幌のある西側と、大雪山系を挟んだ東側では、寒さの質が異なります。なんといいますか…西側が『雪』で閉ざされた世界であるならば、東側は『氷』に閉ざされた世界です。気温という観点で考えますと、天然物のダイヤモンドダストを見る事が出来る東側が圧倒的に寒い訳です。そして…私の住む北海道の片田舎は、勿論東側に属しています。


東側は元々雪が少ないですから(寒すぎて雪すらふってくれません。逆に少し気温が高くなりますと雪が『降ってくれます』)、根雪になるのは大体12月に入ってから。そういう意味では、そろそろかな…と思っていたわけですが、その日が今日やって来たわけです。


朝起きて窓の外を見ますと、いつものような日光が入らず、どんよりとした曇り空…だけなら良かったのですが、庭を見ますと既にかなりの雪が積もっていました。どうやら昨夜の遅くから降っていたようです。幸いな事にセントラルヒーティングシステムを導入しているため、家の中は暖かいので寒くて起きられないという事はありません。しかし、あのモノトーンの世界を見ますと、いよいよこれから雪との戦いが始まる…と思いますので、気分が沈みます。


昨日まで雪はなかったのですが、今日はいきなりこんな感じに…


結局、雪は昼頃まで降りまして、最終的に積もったのがこれくらい。


車庫の上に積もった雪を見ると、15-20 cmと言った所でしょうか。豪雪地帯に比べれば微々たる雪の量だと思いますし、札幌に比べてもマシだとは思いますが、やっぱり何時見ても嫌なものですね…。ということで、私は家内だけをこのモノトーンの世界に残して、明日から仙台に出張、そして週末は東京に出張します。それが理由なのかは分かりませんが、今日は家内の機嫌があまり良さそうではありません…。




にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ランプの宿(津別町)

ここ最近、週末も出張が絡んでいたため、まともに休みをとっていませんでした。来週も仙台出張+東京出張のため、週末が潰れる予定です。そのため、予定が空いている今週末くらいは休もう…と考えました。さてどうするか…なのですが、丁度近くの宿泊施設の招待券があったため、泊まりで温泉を楽しもうと考え、林業の町『津別町』にある、『ランプ宿 森つべつ』という場所に行く事に。流石にこの時期は空いているようで、今週始めに予約を入れましたが、問題なく宿泊できました。




この施設は以前に一度行った事がありますが、当時は携帯電話の電波も入らないような場所でした。とはいえ、流石に最近は問題なく電波が入るようです。もっとも、宿泊施設のある場所自体は人里から少し離れているため、今でも非常に静かな場所ですから、ノンビリするにはうってつけ。


こんな感じの宿泊施設です。


中に入ると、林業の町らしい雰囲気が漂うロビーが待っています。


ここのロビーの正面は、大窓になっており、夜はライトアップされるため、運が良ければ野生動物を見る事が出来ます。


また冬は餌も置いているため、結構頻繁にエゾリスなどの小動物もやってくるとか…。


以前宿泊した時は、こんな大物がやってきてくれましたが、残念ながら今回は来てくれませんでした。ちょっと残念。


ちなみにこの宿泊施設、地味なのですが結構食事が良い場所です。今回は招待券だったためか、以前の時から改善されたのか分かりませんが、以前宿泊した時よりも夕食が良くなっているような…。基本的には、北海道の地場の物を使った料理が並びますが、今回私が一番気に入った料理はこちら。


キンキの蒸し物です。今回はバター+味噌のソースで食べさせてもらいました。山椒も少し利いているため、バターがベースでも非常に和風テイストの料理です。キンキ自体が非常に脂がのっており、とても美味しく食べることが出来ました。


静かな雰囲気の中で美味しい食事+温泉。やっぱりこれが一番です。だいぶ疲れが貯まっていた自覚はありましたが、今回の宿泊で少し楽になりました。あと一頑張りして、忙しい年末を乗り切りたいと思います。





にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村